「やはり別格」と監督絶賛。それでも川崎の家長は「まだまだ物足りない」

川崎の家長昭博。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

チームの攻撃を牽引し、フル出場。暫定5位浮上!

[J1 8節] 川崎 2-0 湘南/2019年4月19日/等々力陸上競技場

 川崎フロンターレのMF家長昭博が湘南ベルマーレ戦、4-4-2の右サイドハーフでフル出場し、試合全体をコントロールしながら勝利に導いた。

 家長がボランチの大島僚太の近くに位置し、左サイドハーフの阿部浩之がトップ下気味に入る場面も見られたが、それは鬼木監督からの指示だったという。相手のギャップを突く狙いだ。

しっかり相手を見て落ち着いてやれれば、問題ないですし、そうすればウチはボールも回ります。慌てずやれれば距離感も良くなるし、ペナルティエリアにもスムーズに運べるのかなと思います」

 今回はその他にも「湘南対策」がハマった。そのなかで、家長が確実にボールを収めることで起点となり、緩急を付けながら攻撃を牽引した。加えてプレッシングで「壁」になる守備も怠ることはなかった。

「そんなに(湘南の)プレッシャーが激しかったかと言えば、そうでもなかった。相手にボールを持たせれば、逆に良さを消せると思ったので、そのへんは割り切ってやっていました」

 そのように家長は語っていたが、後半はあえて湘南にボールを持たせることで、持ち味であるスピード感ある攻撃をさせなかったと言う。

 チーム全体が少しずつ噛み合ってきた。ただ、家長は「個人的にはまだまだ物足りない。やっぱり細かいミスも多い。まだまだだなと思います」と首を傾げた。

「僕もそうですけど、ダイレクトでやらなくていいところでダイレクトで行って取られたり、しっかり止めてゆっくりやっていいところで慌ててボールを取られたり。ミスは多かったので、そのへんは修正しなければいけないと思います。もっと余裕を持って勝てる試合だったと思うので、まだまだです」

 試合後の記者会見で記者から「家長日本代表待望論」が出た。すると鬼木達監督は「やっぱり別格。欲を言えば、もっと怖いところでプレーさせてあげたい。チームの中心であることは間違いありません」と、その活躍をたたえた。

 川崎はこの勝利で3勝4分1敗で暫定5位に浮上。家長のエンジンがあたたまり、チームも上昇気流に乗ってきた。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads