令和J初ゴールは金沢の杉浦、J1は横浜の仲川!人文字「令」パフォーマンス披露

横浜FMの仲川輝人。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

浦和対磐田は西川周作、カミンスキーの両GKが好プレーを見せスコアレスのまま後半へ。

[J1 10節] 広島 – 横浜FM/2019年5月3日/エディオンスタジアム広島

 令和元年Jリーグ初ゴールはツエーゲン金沢の杉浦恭平、J1初ゴールは横浜F・マリノスの仲川輝人が決めた――!

 令和最初となる5月3日に組まれたJリーグは、J1のサンフレッチェ広島対横浜FM、浦和レッズ対ジュビロ磐田の2カード、J2のツエーゲン金沢対アビスパ福岡の1カードが先駆けて14時に試合開始を迎えた。

 令和J1初ゴールは14時30分過ぎ、広島のエディオンスタジアム広島で決まった。

 34分、自陣ゴールキックからの流れで横浜FMがチャンスメイク。そして左サイドでボールを持ったマルコス・ジュニオールがスルーパスを放つ。先に駆け出していた仲川がボールを持つとゴールラインぎりぎりから左足でシュートを放つ。このボールが相手DFにあたってゴール! 仲川は「令」の一文字パフォーマンスを披露。マルコス・ジュニオールも並んで「令」を作った。

 一方、浦和対磐田は両チームともにチャンスを作ったものの、西川周作、カミンスキーと両ゴールキーパーが好プレーを披露。スコアレスのまま後半に突入している。

 また、金沢対福岡戦、21分に金沢の杉浦が”Jリーグ令和初ゴール”を決めている。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads