一体どこ?W杯韓国代表ク・ジャチョルにJクラブがオファーか

(C)SAKANOWA

フリートランスファーに。ドイツ専門誌が「ブンデスリーガ複数と中国、日本から」と報じる。

 ドイツブンデスリーガ1部で9シーズンに渡ってプレーしてきたFCアウクスブルクのMFク・ジャチョルが今季限りでクラブを退団することが決まった。移籍候補先にはドイツの複数クラブ、日本を含めたアジアからオファーが届いているという。ドイツのサッカー専門誌『キッカー』が報じた。

『キッカー』によると、今季限りで契約満了となるク・ジャチョルとアウクスブルクは話し合いを重ねてきたものの、契約延長の合意に至らず。Vflヴォルフスブルク、マインツ05、アウクスブルクでプレーしてきた攻撃的MFは、移籍金ゼロの「フリートランスファー」の身になり、新天地を求めることになったという。

 30歳のク・ジャチョルには、「キッカー誌の調べによると」としたうえで、「複数のブンデスリーガのクラブ、またアジアの中国、日本からオファーが届いている」と断定的に報じている。

 身長182センチのク・ジャチョルは強靭なフィジカルを生かしながらゴール前で高い技術を発揮し、ブンデスリーガ通算102試合出場14得点を記録。韓国代表としても2018年のロシア・ワールドカップに出場するなど76試合19得点。今年1月で代表から退くと発表している。

 これまで長谷部誠、細貝萌、岡崎慎司、宇佐美貴史ら日本人選手ともプレーし、相乗効果を高めながら好連携を築いてきた。それだけにJリーグで見てみたい選手の一人に挙げられる。確かに実績十分な彼の力を必要とするJクラブは少なくなさそうだが、果たして一体どこが手を挙げているのだろうか。

Ads

Ads