【浦和】槙野智章が日本代表復帰「まずはリーグ戦に全力」

浦和の槙野智章。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

アジアカップ以来の復帰。26日はホームで広島と対戦!

 6月のキリンチャレンジカップ2試合(5日トリニダード・トバゴ代表戦@豊田、9日エルサルバドル代表戦@宮城)に臨む日本代表に、浦和レッズから槙野智章が唯一選出された。1月のアジアカップ以来の復帰となる。

 昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)にも選ばれた槙野は、森保一監督の就任後もコンスタントにA代表に選ばれてきた。1月のアジアカップでは2試合に出場。ただ3月のキリンチャレンジカップでは選外となっていた。

 今回、吉田麻也は「コンディション不良」(森保監督)のため招集できず。センターバックでは、冨安健洋(シント=トロイデンVV)、昌子源(トゥールーズFC)、植田直通(セルクル・ブルージュKSV)、畠中槙之介(横浜F・マリノス)、またセンターバックもこなせる守備のユーティリティ中山雄太(PECズウォレ)がメンバー入りを果たしている。

 槙野はクラブを通じて、次のようにコメントを発表している。

「日本代表に再び選出していただき、大変光栄に思います。これまでの経験を踏まえて、しっかりと代表チームの勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします。しかし、その前に大切なリーグ戦があります。浦和レッズでの活動が僕のベースですから、まずはこのリーグ戦に全力を尽くします。応援よろしくお願いします」

 浦和は5月26日14時から、ホームでサンフレッチェ広島と対戦する。槙野にとっては古巣との一戦。勝利を収めて日本代表の活動にも向けて弾みをつけたい。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads