【日本代表】リベロに昌子源。森保ジャパン3-4-2-1を初採用

(C)SAKANOWA

注目の久保建英、川島永嗣、岡崎慎司はメンバー外に。

[キリンチャレンジカップ] 日本- トリニダード・トバゴ/2019年6月5日/豊田スタジアム

 キリンチャレンジカップ6月シリーズ初戦のトリニダード・トバゴ戦、日本代表は森保一監督の就任後初となる3バックを採用してキックオフを迎えた。リベロは昌子源で、畠中槙之介と冨安健洋がストッパーを務める。

 また前線は大迫勇也を頂点に、堂安律と中島翔哉がシャドーを務めるトライアングルに。キャプテンは柴崎岳だ。

 一方、注目された6月4日に18歳の誕生日を迎えた久保建英、中山雄太、さらに川島永嗣、岡崎慎司はメンバー外に。U-20世代から抜擢された大迫敬介はベンチ入りを果たしている。

 トリニダード・トバゴ戦に臨む日本代表のメンバーは次の通り。

▽先発
GK
23 シュミット・ダニエル
DF
5 長友佑都
19 酒井宏樹
3 昌子 源
22 畠中槙之輔
16 冨安健洋
MF
7 柴崎 岳
11 中島翔哉 
24 守田英正
21 堂安 律 
FW
15 大迫勇也

▽SUB
GK
12 権田修一
28 大迫敬介
DF
20 槙野智章
4 山中亮輔
2 室屋 成
MF
10 香川真司
8 原口元気
25 小林祐希
14 伊東純也
6 橋本拳人
9 南野拓実
FW
13 永井謙佑 

Ads

Ads