【日本代表】「令和初ゴール」は誰だ!

令和初ゴールを決めるのは誰だ!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

香川真司の欠場が決定。アタッカー陣の先発は誰だ!

[キリンチャレンジカップ] 日本 – エルサルバドル/2019年6月9日19:00/ひとめぼれスタジアム宮城

 日本代表が6月9日、ひとめぼれスタジアム宮城でエルサルバドル代表と対戦する。5日のトリニダード・トバゴ戦はスコアレスドローに終わっただけに、注目されるのが「令和初ゴール」を誰が決めるかだ。

 森保一監督は前日の記者会見でユース時代に宮城で育った香川真司が股下に痛みを抱えているため、エルサルバドル戦を欠場すると明言した。本人は非常に悔しいはずだが、誰が起用されるのかが、改めて分からなくなった。

 トリニダード・トバゴ戦で先発したアタッカー陣は、大迫勇也、中島翔哉、堂安律だった。そして途中から南野拓実、伊東純也、ウイングバックに原口元気を投入。シュート25本を放ったものの、1点も決められなかった。

[PHOTO]【日本代表】「令和初ゴール」は誰だ!

 その試合では、岡崎慎司、久保建英がベンチ外に。鈴木武蔵の招集辞退に伴い追加招集された永井謙佑はベンチで90分をすごした。

 エルサルバドル戦では彼らにチャンスが与えられそうだ。

 さらにセットプレーからも高さのある、冨安健洋や畠中槙之輔も狙うはず。さらにボリビア戦でボレー弾を沈めた酒井宏樹、直前のJリーグの大分トリニータ戦(〇3-0)で、久保の落としからの室屋成のクロスにヘッドで合わせた橋本拳人も気持ちよくA代表の活動に臨んでいる。

 エルサルバドルの守備も手堅いだけに、コパ・アメリカにお預けになる可能性ももちろんあるが……。令和2試合目、宮城の地で、初ゴールは一体誰が決めるのか?  

 FIFAランキングは日本が26位、エルサルバドルが71位。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads