ベジクタシュ香川真司、衝撃2得点デビュー!ファーストプレーで決める

香川のゴールを伝えるベジクタシュの公式ツイッター(@besiktas)※写真はツイートのスクリーンショット

合流から3日、アウェーのアンタルヤスポル戦で。

[トルコ1部 20節]アンタルヤスポル 2-6 ベジクタシュ/2019年2月3日/アンタルヤ・アレナ

 ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントからトルコリーグ1部のベジクタシュJKに期限付き移籍した香川真司が2月3日、アウェーのアンタルヤスポル戦で途中出場から2ゴールを決めた。

 冬の移籍期間最終日の1月31日に加入した香川は、さっそく遠征メンバ―に帯同。ベンチスタートとなり、81分に途中出場すると、直後の82分にファーストプレーでミドルレンジから右足を振り抜き、あいさつ代わりのデビューゴールを決める。さらに84分、直接FKもねじ込み、2ゴール目! 試合はベジクタシュが6-2で大勝を収めた。

 香川はチームに合流した2月1日の練習を終えたあと、クラブが運営する「ベジクタシュTV」のインタビューで次のように語っていた。

「(初練習を終えて)いいスタートを切れました。みんなも温かく迎え入れてくれて、とてもいい1日を迎えられました。

 オファーをもらった時から試合を観ていて、何よりホームゲームでのスタジアムの雰囲気の素晴らしさ感じていました。ホームゲームはとても楽しみにしています。トルコに来てから非常に多くの人が歓迎してくれました。彼らの期待に応えられるように、一つでも上の順位で終われるように、本当に楽しみにしています」

 まさにその期待にさっそく応える2ゴールデビュー。ファンの心もいきなりプレーで掴んでみせた。次戦は2月10日、ホームでのブルサスポル戦だ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads