×

【浦和】またも大槻劇場。2戦連続のアディショナルタイム弾で鳥栖に逆転勝利!

浦和の興梠慎三。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

宇賀神同点弾、興梠が90+3分に決めた!

[J1 15節] 浦和 2-1 鳥栖/2019年6月15日/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズ対サガン鳥栖の巻き返しを狙う両者の一戦は、大槻毅監督就任後2試合連続のアディショナルタイム弾で、浦和が2-1の逆転勝利を収めた。

 立ち上がりにGK西川周作が足を傷めるアクシデントに合うと、直後の18分、福田晃斗のクロスにアン・ヨンウが宇賀神友弥の前のスペースに入り込み、スライディングしながら合わせてシュート。西川が触れたもののボールがゴールネットに吸い込まれ、アウェーチームが先制に成功した。

 しかし、31分、浦和の岩武克弥のクロスを、逆サイドにいた宇賀神が合わせて同点に追いつく。

 その後は両チームともにゴール前までボールを持ち運ぶものの決めきれない展開が続く。鳥栖はフェルナンド・トーレス、浦和はマルティノスなど攻撃的なカードを切り、それぞれ最後まで勝点3を奪いに行く。

 迎えたアディショナルタイムの90+3分、マルティノスがカウンターで持ち上がり、クロスを放つと、ボールが相手に当たってバウンドして相手DFの頭を越えていく。そこにいたのがエースの興梠慎三だ。背番号31は冷静にGKの位置を見てゴールのサイドネットにシュートをねじ込み、これが決勝点に!

 大槻毅監督の就任後、実に2試合連続でのアディショナルタイム弾。浦和が新体制の発足後、初勝利を手に入れた。

文:サカノワ編集グループ

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads