【コパ・アメリカ】2連覇中のビダル「本物のチリを見せる!」日本が本気の南米といよいよ初戦!

2015年大会で優勝を収め、トロフィにキスをするアルトゥーロ・ビダル。(C)CONMEVOL

過去通算は日本の1勝1分、4得点無失点。

[コパ・アメリカ GS①] 日本 – チリ/2019年6月18日8:00(日本時間)/シーセロ・ポンペウ・デ・トレド

 2015、2016年にコパ・アメリカ(南米選手権)で連覇を果たしているチリ代表のアルトゥーロ・ビダル(バルセロナFC)がチリ国内外の各メディアに登場し、「3連覇」への意気込みを示した。

 チリは2大会連続で、アルゼンチン代表との決勝をPK戦の末に勝利を収めている。しかし2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃しており、過渡期を迎えている印象はある。

 それでもビダルは日本との開幕戦に向けて、「本物のチリを見せる」と決意を示す。「一度は代表を去ることも考えたが、私のハートがここでの戦いを求めた」と、この大会に懸ける強い意気込みを示す。

 南米選手権の戦い方を知り尽くしている。それだけに「私たちは恐れられている。それだけに最初から圧力を強めて挑む必要がある」と、日本戦の立ち上がりが重要であるとも強調している。

 また、日本代表に関しては、「日本のメッシ」「日本のワンダーボーイ」久保建英に関する記事がやはり目立つ。「レアル・マドリーが、世界で最も有望な若手の一人」として獲得したことを伝えている。

 若き日本代表を待ち構えている、本気の南米の雄たち。無論、日本も身構えるのみならず、怖いもの知らずの若さを生かして、勇猛果敢に挑んでいきたい。

 チリとのグループステージ初戦は、現地時間6月17日20時、日本時間の6月18日8時開始だ。

 日本から見て、チリとの過去の国際Aマッチ通算成績は1勝1分。4得点無失点。

 日本代表のメンバーと南米選手権のグループステージの日程は次の通り。

▽▽日本代表メンバー
GK 
1 川島永嗣 (RCストラスブール/フランス)
12 小島亨介(大分トリニータ)※ 
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF 
5 植田直通(セルクル・ブルージュKSV/ベルギー) 
4 板倉 滉(FCフローニンゲン/オランダ)※ 
19 岩田智輝(大分トリニータ)※
22 立田 悠(清水エスパルス)※
14 原 輝綺(サガン鳥栖)※
2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)※
15 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)※
16 冨安健洋(シントトロイデンVV/ベルギー) 
MF 
7 柴崎 岳(ヘタフェCF/スペイン) 
10 中島翔哉 (アルドゥハイルSC/カタール) 
3 中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
11 三好康児(横浜F・マリノス)※ 
8 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ) 
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)※
6 渡辺皓太(東京ヴェルディ)※
20 安部裕葵(鹿島アントラーズ)※
21 久保建英 (FC東京)
FW 
18 岡崎慎司 (レスター・シティー/イングランド) 
9 前田大然(松本山雅FC)※
13 上田綺世(法政大)※
※は日本代表初選出

▽グループステージ ※日本時間

vs チリ代表 
6月18日(火) 
8:00キックオフ 

vs ウルグアイ代表 
6月21日(金) 
8:00キックオフ 

vs エクアドル代表
6月25日(火) 
8:00キックオフ 

Ads

Ads