久保建英から切り替え!?前田大然をバルセロナが調査か!

バルセロナが久保建英から切り替え、松本のFW前田大然を獲得か!?写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

日本代表デビューを果たした松本山雅のスピードスターに、Bチームでテスト? ブラジルメディアが報じる。

 ブラジルメディア『グローボ』が6月17日、「久保建英だけではない!日本のストライカーをバルサが調査」と題して、コパ・アメリカのチリ代表戦で日本代表デビューを果たした前田大然( 松本山雅FC )をスペインリーグのFCバルセロナがリストアップしていると報じた。

 記事ではより具体的に、「前田は現在J1リーグで14位の松本山雅FCと3年契約を結んでいる。バルセロナは1年間のローン(期限付き移籍)を検討している」というのだ。そして、まずバルサのBチームで、実力を試すということだ。

 また、FC東京からレアル・マドリードへの完全移籍が決定した久保について、「ジュニア時代にバルサに在籍し、制裁解除とともに復帰すると見込まれていただけに奇妙な話だ」と報じている。ブラジルからは数多くのタレントが、レアル・マドリーとバルセロナに輩出されてきた。両者のライバル関係をよく把握しているだけに、その久保の下した選択に強い関心を示している。

 そして、前田はクラブの視察対象になっていて、前田サイドは交渉の進展を待っている、とレポートしている。

 今年10月に22歳になる前田は、海外でプレーすることを一つ目標に掲げてきた。18歳になったばかりの久保とはプレースタイルもこれまでのキャリア(シチュエーション)も全く異なっており、ちょっと意外な噂話ではある。久保からの切り替えということか!? ただ、確かにその突出したスピードは、魅力に映るかもしれない。

 チリ代表戦で日本代表デビューを果たした。これからのコパ・アメリカでその韋駄天ぶりをさらに発揮すれば、その移籍話は現実味が増すか? または……新たなるクラブも関心を示すか!?

 J1・2019シーズンの前田は14試合1ゴールを記録している。J1は今季初挑戦。J2通算は74試合20得点。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads