AZ加入の菅原由勢がオランダ到着初インタビュー「赤が大好き。優勝する」

AZへの移籍が決まった菅原由勢。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

チームは始動。U-20日本代表のサイドバックが挑む!

 名古屋グランパスからオランダ1部リーグのAZアルクマールに完全移籍したDF菅原由勢が6月20日、オランダに到着し空港でさっそく”初インタビュー”を受けた。

 AZの公式ツイッター( アカウントは @AZAlkmaar )が、その模様を伝えた。

 菅原は次のように答えた。一問一答は次の通り。

――フライトはいかがでした?

とても快適でした。

――オランダに降り立っての気持ちは?

やる気に満ちています。

――AZアルクマールについて、どういったことを知っています?

とても歴史のあるビッグクラブだと知っています。

―ーAZを選んだ理由は?

ユニフォームの色が赤で大好きですし、オランダリーグで優勝するには、AZが一番だと思いました。

――DFということですが、どのようなプレーが特長ですか?

守備は人に強くいけるところで、攻撃面では攻撃参加やクロスを得意にしています。

――・――・――・――

 AZは2018-2019シーズン、17勝7分10敗(64得点・43失点)の勝点58。アヤックス、PSV、フェイエノールトに続いて4位だった。監督は元オランダ代表のジョン・ファン・デン・ブロム。すでにチームは始動している。

 菅原は2000年6月28日生まれの18歳。U-20日本代表として先のポーランドU-20ワールドカップに出場した。サイドバックを主戦場にするDF。U-20日本代表ではチーム一のムードメーカーでもあった。昨季J1・13試合、ルヴァンカップ4試合、今季はルヴァンカップ6試合に出場していた。

Ads

Ads