【浦和】槙野、長澤、杉本が挙げたACL8強進出へのキーポイント

蔚山現代との”セカンドラウンド”に向けて決意を示した杉本健勇。(C)SAKANOWA

「メンタル」「カウンター」「クロス」「先制点」…。

[ACL 決勝T①-2nd] 蔚山現代 – 浦和/2019年6月26日20:00/蔚山文殊サッカースタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦・第2戦(セカンドレグ)の蔚山現代対浦和レッズ戦に向けて、ホームでの第1戦(●1-2)でゴールを決めた浦和の杉本健勇は、「メンタル」こそ重要になるとポイントを挙げた。

「2点を取らなければいけない状況。攻撃陣が取れれば一番いいが、もちろん誰が決めてもいい。セットプレーを含め、全員が点を取る気持ちでいければと思います」

 浦和がベスト8に進むためには「2ゴール」が必須。しかもアウェーという状況下、もちろんストライカーとしてゴールを狙っていく。ただ、勝利のために、自分にできることはすべてする、という想いを語った。

「いろいろな状況、さまざまな展開を踏まえたなかでいい準備ができました」「(こうした逆境を乗り越えるためには)メンタルが一番大事。相手のメンタルも踏まえて、自分たちも準備してきたので、相手の隙が出てきたところを突きたいです」

 そのように杉本は勝利への意欲を語った。

 また、浦和は先週末にJリーグの試合が組まれず、この蔚山現代との2試合に専念することができた。守備陣の中心である槙野智章は「(第1戦から1週間と)時間は空きましたので、そこでしっかり自分たちと相手の分析をできました。勝つため、次のステージに立つための良い準備ができました」と頷く。

 そのうえで、守備陣としては、第1戦で失点を喫した「カウンター」「クロス」への修正を、この第2戦で表現したいと語った。

「僕たちは2点を決めなければ、勝ち上がれません。攻撃的にゴールを狙っていきます。しかし、しっかりとした戦術とバランスを崩さないようにしないといけない。第1戦で起きたようなカウンターやクロス対応へのミスを、改善し修正できたところは見せないといけません」

 また、第1戦は出場停止だった長澤は客観的に、自分の活かし方を考える時間を得られたという。

「(スタンドから観戦して)自分たちのやりたいことができた時間帯もありました。一方、カウンターからの失点も喫した。いいところと悪いところを、客観的に観ることができたので、その中に入れば改善して取り組みたい。まず早い時間に失点せず、先制できればメンタル面でも優位に立てる。だから最初の1点が重要になると思います」

 何よりほしいのは先制点。立ち上がりから激しい攻防が予想される。グループステージ最終節の北京国安戦(〇3-0)で快勝への口火を切る先制弾を決めた男が、この試合でもキーマンになるか!? 

 試合は20時にキックオフを迎える。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads