【ACL】浦和の選手に火をつけた蔚山監督『危険な選手いない』発言

ACL蔚山現代との第2戦、2ゴールを決めた興梠慎三。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

2ゴールの興梠慎三「相手チームはあれが敗因」。

[ACL 決勝T①-2nd] 蔚山現代 0-3 浦和/2019年6月26日20:00/蔚山文殊サッカースタジアム ※2戦合計 4-2で浦和がベスト8進出

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の決勝トーナメント1回戦・第2戦(セカンドレグ)の蔚山現代対浦和レッズ戦、浦和が3-0で勝利を収め、2試合トータルスコア4-2(第1戦/●1-2)としてベスト8進出を決めた。

 この日はキャプテンマークをつけて2ゴールを決めた興梠慎三は試合後、蔚山現代のキム・ドフン監督が前日記者会見で語った「浦和に危険な選手は特にいない」という発言が、浦和の選手たちに火をつけたと明かした。

 キム・ドフン監督は試合前日会見、浦和の印象に残った選手を聞かれると、「特に個人で危険だという選手はいないと思っています。第1戦は良い時間も悪い時間もありましたが、そのなかで選手たちも工夫してできていました。特に背番号でお伝えするような選手はいません」と語っていた。

 それを知った浦和の選手たちは、「やってやろうぜ!」と気持ちを高ぶらせたそうだ。

 興梠は次のように明かした。

「前日の記者会見で相手監督が、浦和には警戒する選手はいないということを話していて、それをみんなで耳にして『ふざけんな』と。本当、その一言がみんなに火をつけた。『やってやろうぜ』となりました。あの相手監督の一言が僕たちに火をつけてくれた」

 興梠も発奮したその一人。40分、宇賀神友弥のクロスに「ニアで合わせようと思ったが、相手のタイミングをずれすことができた」と相手DFとの駆け引きに勝って先制点を奪取。さらに80分、マウリシオのクロスに再び合わせて、この日2点目! 浦和はこれで2試合トータル3-2と逆転に成功した。

 さらにエヴェルトンのトドメの一撃も飛び出し、豪雨のなか、完璧と言える試合内容で勝利をもたらした。

 殊勲の興梠は「向こうの敗因は、監督のあの一言だと思います」と改めて語り、「まだベスト8。ここから、さらに厳しい戦いが待っている」と気持ちを引き締めていた。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads