【湘南×浦和】梅崎対西川のPK対決、元大分の二人が明かした心理戦

浦和の西川周作(左)と湘南の梅崎司(右)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

槙野は後方から「ウメちゃん『左』に蹴るよ」。

[J1 25節] 湘南 1-1 浦和/2019年9月1日/Shonan BMWスタジアム平塚

 湘南ベルマーレ対浦和レッズ戦、浦和の1点リードで迎えた90分、ドリブル突破を仕掛けた湘南の梅崎がエヴェルトンのファウルを受けてPKを獲得。このキックを梅崎自身が決めて、土壇場で1-1の同点に追い付いてみせた。

 このPKのシーン。キッカーの梅崎と浦和のGK西川周作は、大分トリニータのユース時代からの同期(同学年)であり親友でもあり、まさに気心の知れた仲である。そしてこのゴールラインからペナルティマークまでの”11メートル”の距離を巡り、様々な駆け引きがあったという。

 元浦和でもある梅崎がボールをセットすると、後ろから浦和の槙野智章が「ウメちゃん、左に蹴るぞ!」と何度も囁いたり、大きな声を言ったりプレッシャーを掛けてきた。

 そうしたなかで、助走に入った梅崎は躊躇うことなくゴールに向かって「右」へ蹴り込んでみせた。するとキックの瞬間、西川が「左」へ横っ飛び。完全に逆を突くことに成功した。

 西川は振り返る。

「ウメはいつもあの方向へ蹴っていたので、その方向へ賭けました」

 一方、梅崎は「右」へ蹴ることを事前に決め、しかも前日に練習もしていたそうだ。

「(槙野の声掛けに)何だか浦和での練習をしていた時のようでした。(PKは)蹴る前から『右』に蹴ろうと決めていました。これまでのPKはすべて『左』だったので、それに周ちゃん(西川)も知っていたはずで、今回は逆に蹴ろうと前日に練習をしていました。だから、あとは自信を持って思い切り蹴りました」

 そのように大分、そして浦和のチームメイトが対戦相手であることをむしろ生かして、その裏を突くキックを突き刺すことに成功した。もしも槙野が「今回は右に蹴るぞ」と言っていたら、梅崎は動揺していたかもしれないか――!? 

 梅崎は4試合連続で先制を許していることを反省点に挙げる一方、最近は五分以上の展開に持ち込み、勝利まであと一歩に迫っていることに、「むしろチームとして成長できていると感じている」と頷いて語った。湘南にとっても、梅崎にとっても、今後へつなぐ価値あるゴールになった。

関連記事:浦和の歴代最多得点更新、興梠慎三が掲げた次なる目標とは?

[取材・文:塚越 始]

Topics:Shonan Bellmare 1-1 Urawa Reds;Tsukasa Umesaki and Shusaku Nishikawa try to play mind games.

Ads

Ads