「横浜FC」と誤る現地報道も。マリノス天野純のロケレン移籍へ…大分戦がラストゲーム?

ロケレンへの移籍が浮上した横浜FMの天野純。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

今日の天皇杯から三ツ沢2連戦! 大分戦ではJ1通算100試合出場のセレモニーも準備。

[天皇杯]横浜FM-立命館大/2019年7月3日19:00/ニッパツ三ツ沢球技場
[J1 18節]横浜FM-大分/2019年7月6日19:00/ニッパツ三ツ沢球技場

 森保一監督のもと日本代表にも選ばれた横浜F・マリノスのMF天野純がこの夏の移籍マーケットで、ベルギーリーグのスポルティング・ロケレンに移籍することが確実となった。ロケレンがクラブ公式ホームページとSNSの公式アカウントで現在交渉中で、「来週中にも正式契約に至る」と伝えた。つまり、今週末のJ1リーグ18節の大分トリニータ戦が“ラストマッチ”になるということだ。また今日3日は天皇杯で、立命館大と対戦する。

 ロケレンは昨季ベルギーリーグ最下位に終わり、2部降格が決定していた。しかし、八百長疑惑で現在1部の2チームのいずれかに降格処分が下された場合、ロケレンは1部に残留できることになっている。

 天野は今季J1リーグ全17試合に出場して0得点。またJ1通算100試合出場を達成しており、大分戦の試合前にはセレモニーも準備されている(ベンチ外など欠場の場合は行われない)。

 そして、ベルギーリーグを中心に報道する『Walfoot』は「日本代表の天野純がロケレンとサイン間近」と題したレポートを掲載。ロケレンの発表した内容などを伝えるとともに、「ロケレンは”横浜FC”のMF天野純(27歳)と交渉を進め、ほぼ完了している。彼は2018年9月のコスタリカ戦で代表デビューを果たしている」と、所属先を誤って伝えていた。ただ、日本代表にも選ばれている選手ということで注目も集めているようだ。

 また、天野はホームで迎えた16節・松本山雅FC戦(〇1-0)のあと、J1通算100試合出場を達成。その節目を迎えたことについて、非常に神妙に語っていたのが印象的だった。

 今季背番号10をつけるレフティは「マリノスの下部組織から育ち、大学を経由して(100試合目を)迎えられて感慨深いものはあります。本当に周りの人に支えられてここまで来られたと実感しています。まず、その方たちに感謝したいと思います」と感謝の言葉を口にしていた。さらには「(松本に)勝ち切ったことにチームの成長を感じますし、優勝を狙えるんじゃないかな、という雰囲気が少しずつ漂ってきていると感じます」と、チーム力に確かな手応えを得ていた。

 果たして「来週決定」というのは事実なのか? 大分戦がひとまず節目の”ラストマッチ”になるのか? クラブから大分戦前(天皇杯の立命館大戦を終えた後)などに何かしらの発表があるのか? アマジュンから目が離せない1週間になりそうだ。

関連記事:【横浜×松本】天野純が「監督から怒られた」理由とは?ポジション変更で奮い立つ

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads