【横浜×松本】天野純が「監督から怒られた」理由とは?ポジション変更で奮い立つ

横浜FMの天野純。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

惜しかったFKは、次節FC東京戦との大一番に向けて、改めて磨き込む。

[J1 16節] 横浜FM 1-0 松本/2019年6月22日/日産スタジアム

 横浜F・マリノスのMF天野純が、16節の松本山雅FC戦に先発し、J1通算100試合出場を果たした。ゴールまで約25メートルの直接FKはクロスバーに阻まれたものの、前半はインサイドハーフ、後半はボランチに入ってボールを引き出し、1-0の勝利に貢献した。

 ハーフタイム、アンジェ・ポステコグルー監督から”雷”が落ちたという。

「監督に怒られて(苦笑)。『お前、もっとボールに絡め!』『ボランチに入れ!!』と。前半は少し前目な位置で、相手のギャップのところに残って縦パスを引き出そうとしましたけれど、相手も元気だったこともあり上手く行きませんでした。後半は指示を出されたので、しっかりと後ろからビルドアップを助けながらゲームコントロールする役割に重点を置き、そうすることで勝利に持ち込めました」

 横浜FMは立ち上がりの4-3-3から4-2-31に布陣を変更。天野が1列下りる形にした。その理由について、ポステコグルー監督も「本来70、80回ボールを触る選手なのに、前半は10本ほどしかパスをしていなかった」と、松本が施してきた”マリノス対策”の打開策として施したことを説明していた。

 天野もその狙いを理解したうえで、スペースに顔を出しながらパスを散らしていった。

「相手が3ボランチ気味で来て、前半は俺と(山田)康太のシャドーで並んでいても上手くボールが回らず、俺とキー坊(喜田)が横並びになることで、3ボランチを引き出してギャップを突くことができました」

 80分の得点シーン。天野自身はボールに絡んでいないものの、彼のいたサイドから打開している。

 空間に顔を出して松本の選手たちを引き寄せ、天野がパスコースにもなり得る選択肢の一つになりながら、大津祐樹の突破による打開とエジガル・ジュニオのゴールを後方からサポートした。

「祐樹くんの頑張りのお陰で、あそこまで進入できました。もちろん(得点を決めた)エジも良かったですけれど、あそこに入り込めた祐樹くんのプレーが、あの場面ではすべてだったと思います」

 そのようにチームとしての”崩し”を体現した大津の豪快な突破を称賛していた。

 また、19分、クロスバーを叩いた直接FKの場面。横浜FMの10番は悔しさを噛み締め、次節でこそ、と決意を示す。

「ちょっと(体、ボールが)回りきらなかったので、そこは練習から突き詰めていきたいです。惜しいでは意味ないし、あれを決めていれば、より確実に勝てていました。次は(首位)FC東京戦。あのような場面で決め切らないと勝てない」

 そして天野はJ1通算100試合出場を達成した。「マリノスの下部組織から育ってきて、大学を経由して(100試合目を)迎えられて感慨深いものはあります。本当に周りの人に支えられてここまで来られたと痛感しています。まず、その方たちに感謝したいと思います」と、節目の試合を勝利で飾れたことを喜んでいた。

「勝ち切ったことにチームの成長を感じますし、優勝を狙えるんじゃないかな、という雰囲気が少しずつ漂ってきていると感じます」

 マルコス・ジュニオールが出場停止、三好康児はコパ・アメリカ(南米選手権)の日本代表遠征で不在。そのなかで掴んだチームの総合力をも示す勝点3となった。

 6月29日、リーグ戦の対戦一巡目の終わりとなる。首位のFC東京との味スタ決戦は、チームにとって、天野にとって、そしてサポーターにとって、現在地を知る意味でも、楽しみな”大一番”となる。

取材・文:塚越始
text by Hajime TSUKAKOSHI

Ads

Ads