PSV堂安が完璧2アシスト!EL初先発で大勝に貢献

PSV加入が決定した堂安律。公式HPにて、こんなポーズでも登場!(C)PSV_EINDHOVEN

ローゼンボリに4-1、グループステージ2連勝!

[EL GS2節]  ローゼンボリ 1-4 PSV /2019年10月3日/レルケンダール

 PSVの日本代表MF堂安律がヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ2節、ノルウェーのローゼンボリBK戦で先発出場し、完璧なアシストでエースのドニエル・マレンの2ゴールを演出した。日本代表のレフティはチームに貴重な3、4点目をもたらし、83分にジェフリー・ブルマと交代した。

 堂安はEL初先発。PSVへの移籍後、公式戦では9月25日に行われたリーグ戦の古巣とのFCフローニンゲン戦(〇3-1)に続き、二度目のスタメン出場となった。

 右ウイングで先発した堂安は、2-0で迎えた41分、ペナルティエリア内のゴール正面でボールを持つと、左サイドでフリーになったオランダ代表のマレンに正確なパスを供給。マレンが落ち着いてGKのタイミングを外してシュートを突き刺し、3点目をもたらした。

 ただ、後半は完全にローゼンボリのペースで、PSVは防戦一方となる。堂安は何度かいい位置でボールを持ってチャレンジを繰り返す。

 そうしたなか1失点を喫し、嫌な流れが漂い出す。ただ、その悪くなりかけたアウェーチームの雰囲気を一変させたのも堂安のワンプレーだった。

 78分、敵陣で体を張ってボールをキープ。PSVの25番は少し中央に持ち込むと、左アウトサイドでパス。これを再びマレンがワントラップからシュートを突き刺し、試合を決定づけるチームの4点目を奪ってみせた。

 PSVは今週末10月6日に組まれている国内リーグ戦、ホームでVVVフェンロと対戦する。そのあと堂安は日本代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に臨むため帰国する。

関連記事:元浦和ア・デモス監督が堂安律のPSV獲得に一石「小野伸二のほうが3ランク上だった」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Ritsu Doan of PSV 2 assists.

Ads

Ads