【FC東京】今最もJで熱い男!永井謙佑が梅雨空吹き飛ばす2ゴール!

FC東京の永井謙佑が再び決めた!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ディエゴ・オリヴェイラと2試合連続アベック弾!G大阪に逆転勝ち、首位キープ。

[J1 18節] FC東京 3-1 G大阪/2019年7月7日/味の素スタジアム

 FC東京対ガンバ大阪の一戦、永井謙佑の今季初の2ゴール&ディエゴ・オリヴェイラ弾と、2トップによる2試合連続アベックゴールで、ホームチームが3-1と逆転勝利を収めた。

 7月とは思えないような冷たい雨が降るなか、立ち上がりはアウェーチームが前線にボールを入れると、ファン・ウィジョ、アデミウソン、中村敬斗が絡んで、さらに中盤の他の選手も加わるぶ厚い攻撃を展開する。迎えた5分、矢島慎也のパスに、走り込んだ小野瀬康介がシュートを突き刺し先制に成功する。

 しかし30分あたりから、FC東京が徐々に敵陣で効果的なアタックを展開。38分、左サイドを打開したナ・サンホのクロスから、クリアボールの跳ね返りを永井謙佑が押し込み同点に。さらに40分、再びナ・サンホの折り返しに永井がヘッドで合わせて、瞬く間に逆転に成功する。

 後半に入ってもホームチームの勢いは止まらない。60分、永井謙佑のクロスにナ・サンホが二アで潰れ、ファーサイドにいたディエゴ・オリヴェイラが合わせて、リードを広げた。永井&ディエゴ・オリヴェイラの2試合連続アベック弾に――。

 一方、G大阪は後半から遠藤保仁を投入。攻撃のテンポを上げて反撃を試みたものの、ゴールを奪うことはできなかった……。

 3-1で勝利を収めたFC東京はリーグ2連敗のあと2連勝。一方、G大阪は7試合ぶりの黒星を喫した。

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads