【浦和×鹿島】昨季ベルギー同僚、関根貴大と小池裕太が熱いマッチアップを展開

関根が浦和復帰後、初のホームゲームで存在感を発揮!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

後半開始、浦和はマウリシオから宇賀神友弥に交代。鹿島は64分に伊藤翔を投入!

[J1 16節] 浦和 – 鹿島/2019年7月31日19:30/埼玉スタジアム2〇〇2

 浦和レッズ対鹿島アントラーズの一戦は前半、両チームともに決定機を作ったもののゴールを奪い切れず、スコアレスのまま折り返している。昨季までベルギー1部のシント=トロイデンVVでプレーした浦和の関根貴大、鹿島の小池裕太が揃って先発し、いずれもキーマンとなっている。

 鹿島は開始直後の小池のCKにセルジーニョがヘッドで合わせると、ボールはクロスバーを直撃。最初の決定的チャンスをものにできなかった。

 その後は次第にホームチームが主導権を握る。左ウイングバックの関根が幾度となくドリブルを仕掛けてサイドを突き破って、チャンスを作り出す。3分、関根を経由した武藤のクロスに、ゴール前にいたフリーの興梠が合わせ切れず。5分には関根のクロスをエヴェルトンがフリーで合わせたが……大きく枠の上へ外してしまう。

 うだるような暑さのなか、プライドを懸けた一戦は両者譲らず。ハーフタイムを挟み、浦和はマウリシオから宇賀神友弥に交代し、宇賀神がウイングバック、橋岡大樹がストッパーに入った。右ウイングバックに入った関根が小池とマッチアップする構図となり、激しいバトルを繰り広げている。

 メンバ―は次の通り。

□浦和□
URAWA REDS
▼先発
GK
1 西川周作
DF
27 橋岡大樹
31 岩波拓也
2 マウリシオ
(HT →3 宇賀神友弥) 
5 槙野智章
MF
7 長澤和輝
8 エヴェルトン
16 青木拓矢
FW
30 興梠慎三
9   武藤雄樹
41 関根貴大

▼控え
GK
25 福島春樹
MF
6 山中亮輔 
18
22 阿部勇樹
46 森脇良太
FW
12 ファブリシオ
24 汰木康也

▼監督
大槻 毅

□鹿島□
KASHIMA ANTLERS
▼先発
GK
1 クォン・スンテ
DF
6 永木亮太
39 犬飼智也
28 町田浩樹
26 小池裕太
MF
20 三竿健斗
30 名古新太郎
11 レアンドロ
(64分 →15 伊藤 翔 )
41 白崎凌兵
FW
8 土居聖真
18 セルジーニョ

▽控え
GK
21 曽ヶ端 準
DF
27 ブエノ
MF
25 遠藤 康
37 小泉 慶
FW
19 山口一真
36 上田綺世

▼監督
大岩 剛

【関連記事】関根貴大がドイツで踏み出した小さく、大きな一歩。「どん底」に叩き落とされた日

Ads

Ads