バルサB安部裕葵が初スタメンで”初優勝”

バルセロナBで初の先発出場を果たした安部裕葵。(C)FC_BARCELONA

プレシーズンの親善大会決勝で、前半45分間プレーする。

[親善大会・決勝] バルセロナB 4-0  フィゲラス/2019年8月14日

 FCバルセロナBの安部裕葵が8月14日、親善大会「トルネイジ・ダ・レスタニ」の決勝・UEフィゲラス戦でスタメンデビューを果たし、4-0の勝利に貢献。プレシーズンではあるが安部にとっての”初タイトル”を獲得した。

 バルセロナの公式サイトによると、試合はマルケスのハットトリックとアンスのゴールで、開幕を控えて盤石の内容で大会を制したという。

 バルサBは試合開始22分で3-0とリード。安部は激しいタックルを何度も受けて、セグンダBの洗礼も受けたという。しかし、安部はそんなことも意に介さずすぐ起き上がり、前線のアンス、マルケスと好連係を見せ、前半45分間プレーして交代した。

 セグンダBリーグ開幕戦、バルセロナBは8月25日(日本時間26日1時開始)にCFバダロナと対戦する。

 安部は1999年1月28日生まれの20歳。東京都出身。171センチ、65キロ。広島の瀬戸内高校から2017年に鹿島アントラーズに加入し、昨季はアジアチャンピオンズリーグ(ALC)制覇に貢献した。今季は鹿島の背番号「10」をつけて、リーグ14試合1ゴールを記録し、コパ・アメリカの日本代表でデビューを果たした(国際Aマッチ3試合0得点)。

 バルセロナとは4年契約を結び、今季はバルサBでプレーする。トップチーム昇格を目指し、右サイドバック挑戦の可能性もある。

 バルセロナの日本ツアーにも帯同したが、ケガのためチェルシー戦、ヴィッセル神戸戦ともにベンチ外となった。

関連記事:レアル久保建英は早起きが苦手?練習場到着時に「激写」される

Topics:Hiroki ABE was a starting member of FC BARCELONA B first time.

Ads

Ads