東京五輪U-22代表│バルサ安部が初招集!橋岡、齊藤、瀬古らU-20組が本格合流

安部裕葵。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

川口能活氏がGKコーチに。

 日本サッカー協会は8月30日、U-22日本代表の北中米遠征(9月2日から11日)のメンバーを発表した。今夏鹿島アントラーズからスペインのFCバルセロナに移籍した安部裕葵が、この世代に初めて招集された(すでにA代表ではデビュー)。

 また、安部とともにコパ・アメリカでA代表デビューを果たしている大迫敬介(広島)をはじめ、瀬古歩夢(C大阪)、齊藤未月(湘南)、橋岡大樹(浦和)と、6月のポーランドU-20ワールドカップに臨んだメンバーが、この東京五輪チームに本格的に合流している(齊藤、橋岡らはすでにこの世代で参戦済)。

 兼任する森保一監督が日本代表での活動のため、横内昭展コーチが監督代行を務める。

 メンバー発表の記者会見を行った森保監督は安部の招集について、「これまでの鹿島での活動はずっとチェックしてきました。いつチームに加えるか考えてきて、このタイミングでの招集となりました」と語った。

 また、U-20代表組の本格的な合流について、次のように語った。

「彼らが持っているものを見せてもらったうえで招集しました。U-20の選手だから、というわけではなく、これから成長できる選手たちです。コンセプトのあるなか、思い切って特長を出してもらいたいと思います」

 そのように指揮官は期待を寄せた。

 また、川口能活氏がGKコーチとして今回加わる。

 チームは9月6日にU-22メキシコ代表(@メキシコ)、9日にU-22アメリカ代表(@アメリカ)と対戦する。

 メンバーは次の通り。

◆U-22日本代表 北中米遠征(9/2~9/11)

GK 小島、大迫
DF 岩田、町田、大南、立田、岡崎慎、瀬古
MF 長沼、遠藤渓、高、松本泰、杉岡、田中碧、菅、渡辺皓、齊藤未、橋岡
FW 小川航、前田大、上田綺 

関連記事:バルサB安部裕葵が初スタメンで”初優勝”

[文:サカノワ編集グループ]

Topics: Hiroki ABE of Barcelona FC joins to U22 Japan national team(TOKYO-Olympic).

Ads

Ads