ティーラトン鮮烈の左足でJ初ゴール!横浜FMがG大阪に競り勝つ

横浜FMのティーラトン。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI ※写真はEUROCUPより

遠藤渓太がトドメを刺す。小野瀬康介もインパクトを残したが…。

[J1 25節] 横浜FM 3-1 G大阪/2019年8月31日/ニッパツ三ツ沢球技場

 横浜F・マリノス対ガンバ大阪の一戦は、タイ代表DFティーラトンのJ1初ゴール、さらにマルコス・ジュニオール、遠藤渓太の一撃で、ホームチームが3-1で快勝を収めた。G大阪は小野瀬康介がドリブル突破から強烈なショットを突き刺したものの、追撃及ばず6試合連続勝ち星なし。

 前半は横浜FMペースで進み、39分、中央に飛び出したティーラトンが左足を一閃。鋭くスライドした一撃がゴールネットを突き刺し、GK東口順昭は一歩も動けず。さらに53分、この日もCF起用された仲川輝人が敵陣を打開し、GK東口を引き出したあとのパスを受けたマルコス・ジュニオールが冷静にシュートを収めてリードを広げる。

 一方、後半途中の58分から遠藤保仁を投入したG大阪は徐々に高い位置でボールが収まるようになる。すると67分、思い切った突破から小野瀬康介が鮮やかなショットを突き刺し1点差とする。さらにパトリックが豪快なヘッドでゴールネットを揺らしたが……これはオフサイドに。

 すると逆に78分、再び前線で起点となった仲川のパスを受けた遠藤がDFの股を抜く技ありのシュートを突き刺し、再びリードを広げてみせた。試合はそのまま3-1で、横浜FMが勝利。リーグ3連敗のあと2連勝で、首位FC東京を追走する。

 一方、G大阪は5連続引き分けから黒星を喫した。

関連記事:【あいさつ全文】ロケレン移籍の横浜FM天野純が決意「ベルギーで一旗揚げてきます」

Ads

Ads