井手口陽介がG大阪に復帰。今野の「15」継承!ケガに泣き欧州2年間の通算出場は…

日本代表での井手口陽介。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

「チームのため全力で戦いたい」。

 ガンバ大阪は8月5日、リーズ・ユナイテッドFC(イングランド)のMF井手口陽介を完全移籍で獲得したと発表した。3シーズンぶりのG大阪への復帰となる。背番号は今野泰幸(今夏、ジュビロ磐田に移籍)が7年半つけていた「15」を継承する。

 井手口は1996年8月23日生まれの22歳。福岡県福岡市出身。171センチ、69キロ。右利き。血液型はO型 。

 これまでのキャリアは、中央FC―ストリートSC―油山カメリアーズ―ガンバ大阪ジュニアユース―ガンバ大阪ユース―ガンバ大阪―リーズ―クルトゥラル・レオネサ(スペイン2部 ※期限付き移籍)― グロイター・フュルト(ドイツ2部 ※期限付き移籍)。

 井手口は次のようにコメントしている。

「ガンバ大阪でプレーすることになりました。ガンバに戻って来れてすごく嬉しいですし、とても光栄です!

 また一から挑戦する気持ちで自分のできることを精一杯ピッチの上で表現して、チームのために全力で戦いたいと思います。

 サポーターの皆さんよろしくお願いします」

 G大阪でのリーグ戦通算成績は、J1が60試合8得点、J3が11試合1得点。 2017シーズンはJ1リーグ30試合4得点を記録していた。

 欧州での2年間は、2018年に右膝後十字靱帯断裂の大ケガを負った影響もあり、結局、レオネサでスペイン2部リーグ5試合0得点、フュルトでブンデス2部リーグ7試合1得点の計12試合1ゴールにとどまった。監督交代などチームが低迷するなか、なかなかチャンスを掴めずもがき苦しんだ。

 もちろん、日本代表12試合2得点を決めるなど、そのポテンシャルの高さは誰もが認めるところ。井手口の反撃が、ここから始まる!

関連記事:井手口所属のフュルト、ブリッチ監督を解任へ。後任探しに入る

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Leeds United FC Yosuke IDEGUCHI transfers to GAMBA OSAKA.

Ads

Ads