久保建英が初のベンチ入り、「朝の散歩」ではリラックスした表情を浮かべる

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

マジョルカが強豪バレンシアと今季最初のアウェーゲーム。

 レアル・マドリードからRCDマジョルカに期限付きで加入した久保建英が、9月1日(現地時間17:00、日本時間2日0:00開始)にエスタディオ・デ・メスタージャ行われるスペイン1部リーグ3節・バレンシアCF戦で、移籍後初めてベンチ入りした。昨季4位の強豪相手に、果たしてスペインデビューなるか――。

 マジョルカはツイッターのクラブ公式アカウント( @RCD_Mallorca )で試合当日の朝、バレンシアの滞在先のホテルを出て、朝の散歩に向かう選手たちの様子を動画で配信。久保は最初に出てきて、スタッフに笑顔をかわすなど、リラックスした表情を浮かべていた。

 また、マジョルカのビセンテ・モレノ監督は試合前、久保について「先週、チーム合流から試合まで1日しかトレーニングに参加していませんでしたが、今回、1週間、十分にトレーニングを積むことができたので、(メンバー入りする)可能性はよりあります」と、メンバー入りを示唆。前節レアル・ソシエダ戦に0-1で敗れたことで、前線によりパワーを加えたいという考えを示し、ケガ人などの状況も勘案し、久保がベンチ入りを果たした。

 今季7年ぶりの1部リーグ復帰を果たしたマジョルカはこれまで1勝1敗。一方、バレンシアは昨季リーグ4位に入り、UEFA欧州チャンピオンズリーグ(CL)の出場権も獲得している。今季これまで1分1敗と躓いており、このマジョルカ戦で初勝利を奪おうと強く意気込んでいる。

  モレノ監督も「勝てる可能性を最大限に引き出す。最初のアウェーゲームがメスタージャ(バレンシアのスタジアム)になることはエキサイティングなことだ。そこで勝利を掴むことは、大きな挑戦になる」と、あくまでもチャレンジャー精神で臨むことを強調している。

 久保がピッチに立つとすればどのような状況か。18歳の日本代表レフティ、いよいよ新天地での戦いが始まる。

関連記事:レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Takefusa KUBO of RCD Mallocra starts the bench.

Ads

Ads