ウエスカ岡崎デビュー。来季マラガ復帰の優先オプションが判明!

スペインデビューを果たしたウエスカの岡崎慎司。(C)SD_Huesca Twitter

マラガが1部復帰を果たした場合には――。

 スペイン2部リーグのマラガCFを退団してSDウエスカに加入したFW岡崎慎司が9月8日の4節、スポルティング・ヒホン戦で85分から途中出場し、スペインデビューを果たした。相手チームに退場者が出たこともあったが、チームは1-0で勝利。通算3勝1敗で5位に浮上している。

 加入間もない岡崎だが、今回は問題なく滞りもなく選手登録を完了させて、ようやく日曜日にホームで公式戦デビューを果たした。チームは49分にダニエル・ラバのゴールで先制に成功。すると59分に相手チームに退場者が出たことで、その1点のリードを保ったまま試合終盤へ突入する。そして最後の3枚目のカードで岡崎が投入される。大歓声に包まれ、その勢いも後押しして、逃げ切りに貢献した。

 マラガの地元メディアである『エル・デス・マルケ』は、この岡崎のデビューについて詳しくレポート。また、その記事の中で「マラガが1部に昇格した場合、自動的に復帰できるオプションがついている」とも伝えている(ウエスカも1年延長オプションがついていると発表しており、似たような条件か)。

 また、「マラガにとってはライバルとなってしまったが」と前置きしたうえで、岡崎の名前入りのマラガのユニフォームを購入した人は交換が可能だとも報じている。

 ウエスカは1960年、地元にあった二つのクラブが統合する形で誕生。2年連続昇格プレーオフを制し、昨季、悲願の1部リーグ昇格を果たした。しかしチームは19位に終わり、1年での2部リーグ降格を喫した。1シーズンでの1部復帰を狙う今季は、ラージョ・バジェカーノ前指揮官のスペイン人のミッチェル監督が就任している。ホームスタジアムのエル・アルコラスは7,638人収容。

 岡崎は1986年4月16日生まれの33歳。兵庫県宝塚市出身。兵庫県の滝川二高から2005年に清水エスパルスに加入し、長谷川健太監督(現・FC東京監督)のもとプロでの実績を積み、2011年からVfBシュトゥットガルト、1.MSVマインツとドイツのブンデスリーガで実績を積み、2015年6月、レスターに加入。レスターでは2015-16シーズンから昨季までプレーし、プレミア通算114試合14得点7アシスト。在籍1年目に中心選手として、プレミアリーグ制覇を果たした。昨季リーグ戦は21試合0得点。日本代表119試合50ゴール。

関連記事:【日本代表】岡崎慎司のFW魂を伝授された北川航也「追いかけていくだけ」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Shinji OKAZAKI of SD Huesca made his debut on Sep. 08 in a match against Sporting de Gijón.

Ads

Ads