【G大阪】GK東口順昭がFC東京の猛攻を耐え抜く「このタイトルが僕らには必要」

G大阪の東口順昭。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

4シーズンぶりの”優勝”に照準を合わせる。

[ルヴァン杯 準々決勝-2nd] FC東京 2-1 G大阪/2019年9月8日16:30/NACK5スタジアム
※2試合トータル2-2 アウェーゴールルールでG大阪が4強進出

 ガンバ大阪のGK東口順昭は、ルヴァンカップのFC東京との準々決勝第2戦で辛うじて相手の反撃を振り切り、2年ぶりの同大会ベスト4進出を果たした。

 ディエゴ・オリヴェイラに崩されて先制点、さらに田川亨介にも決められ一時は2試合トータルスコアで逆転を許した。それでも、チームを最後方から見つめていた東口は、チャンスが来ると信じていた。

「(失点は)やられた、というよりも、自分たちのミスから決められてしまいました。90分まず集中しようという切り替えは意識していました。(展開的には)ただホームで1-0で勝った時点で、このアウェーゲームで1点取るだけで一気に優位になることは、みんな頭の隅にありました。もちろん2失点はいただけないですが、そのなかでも1点を取りにいった結果が実り、そこで全員の思いを共有できました」

 アデミウソン、宇佐美貴史、そしてパトリックと並べた前線の力技でねじ伏せ、1点を掴み取った。そういったテクニックやスピードのみならず”パワー”でも崩せる点の取り方ができるようになったことは、チームにとってプラスにもなっていくだろう。

 パトリックの”決勝”ゴールが、いろんな意味でチームに自信をもたらした。

「タイトルを獲っていかないと、いかんチームですし、その可能性があることでリーグ戦へのモチベーションにもつながります。もちろん、僕らみんな、もっとやらなあかんので、これをキッカケに、もっと自信をつけて、上へ行けるようにやっていきたいです」

 優勝まで、あと”二つ”。守護神は4シーズンぶりのタイトル獲得への思いを語った。

「リーグ戦での順位が順位なだけに、このタイトルは僕らにとって必要なものになってきます」

 何よりG大阪の選手たちが、サポーターとともに笑顔を取り戻した。前向きになれる、ルヴァンカップの4強進出。タイトルに照準を合わせた――。

関連記事:G大阪の黄金コンビ復活!パトリック決勝弾「貴史から懐かしいボールが来たね」

[取材・文:塚越始]

Posted by 塚越始

Ads

Ads