G大阪の黄金コンビ復活!パトリック決勝弾「貴史から懐かしいボールが来たね」

G大阪復帰のパトリックが決めた!写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ゴール裏を埋めた満員のサポーターの前での一撃に、「僕も感動したよ」。

[ルヴァン杯 準々決勝-2nd] FC東京 2-1 G大阪/2019年9月8日16:30/NACK5スタジアム
※2試合トータル2-2 アウェーゴールルールでG大阪が4強進出

 ガンバ大阪のFWパトリックがFC東京とのルヴァンカップ準々決勝の第2戦(セカンドレグ)、宇佐美貴史のクロスにヘッドで合わせ、チームをベスト4へと導く”決勝ゴール”を奪った。

 パトリック&宇佐美、G大阪の黄金コンビ復活――。そう印象付ける一撃だった。パトリックは試合後、嬉しそうに語った。

「以前、貴史と一緒にプレーしていた時が懐かしくなるような、良いボールが来たね。貴史からのボールは常に忘れることがないよ、いつもプレーしていたから。チームが成長しながら強くなっていくためにも、貴史がコンディションを上げていくことが必要で、彼らしいプレーができてきていると思う。だから、ここからさらに、宇佐美も、僕も、一緒に成長していけたらと思うよ」

 そして台風15号の接近にも関わらず、ゴール裏はG大阪のサポーターで埋め尽くされた。その満員のサポーターの前で、パトリックはゴールを決められたことを心から喜んだ。

「サポーターの目の前でゴールを決められて、こうした結果を残せて、僕自身もすごく感動した。サポーターのみんなに感謝の気持ちを返したいと思っていたから、それができて嬉しかったよ」

 G大阪への2年ぶりの復帰。その決意を込めた一撃となった。すでにリーグ戦では2ゴールを決めているが、チームを”勝ち(ベスト4進出)”に導いたのは、この3点目が初となる。

 準決勝と決勝。あと3試合――。黄金コンビ復活とともに、タイトルへの期待は一段と高まる。

「ロッカールームでも、『俺たちはこの大会でタイトルを獲るのに値するチームだ!』と言ってきた。でも、口にするだけでなく、日々の練習を積んで、現実のものにしたい」

 4年ぶりの主要タイトル獲得へ希望をつなぐ一発。台風をも吹き飛ばすかのように、G大阪のパトリックが一段と脅威を増してきた。

関連記事:流れ変えた遠藤保仁が語るG大阪の課題「能力の高い選手を生かし切れていない」

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads