【U-20W杯】FC東京のFW田川亨介が復活ヘッド!失意のどん底から劇的に変われたワケ

U-20メキシコ代表戦に先発したU-20日本代表の田川(上段中央)。(C) FIFA via Getty Images

2本連続のコーナーキックで見せた冷静さ。

[ポーランドU-20W杯 GS2節] 日本 3-0 メキシコ/2019年5月26日/グディニャ

 悔しさを晴らすのに、十分な活躍だった。

 U-20ワールドカップのグループステージ2節。U-20日本代表が宮代大聖(川崎フロンターレ)の2ゴールと田川亨介(FC東京)のヘディング弾で、北中米の雄U-20メキシコ代表に3−0の勝利を収めた。

 日本が内容と結果で凌駕したなか、汚名返上とばかりに目覚ましい活躍を見せたのが、2トップの一角に入った田川だった。

 最大の見せ場は1-0で迎えた52分だった。

 藤本寛也(東京ヴェルディ)の左コーナーキックにニアに走り込みながら、ややマイナスに引きながらの難しい態勢から技有りのヘッドを逆のサイドネットに流し込み大きな追加点をもたらした。

 光ったのは、そのゴールだけではない。最前線から相手DFの背後を取って裏のスペースに走り込み、守備ではプレスバックを怠らず献身。終盤の77分には宮代の2点目(チーム3点目)のゴールをお膳立てするなど、運動量は最後まで衰えず。躍動感のあるプレーでチームの大会初勝利に貢献した。

 1ゴール・1アシストの活躍を見せた田川にとって、メキシコ戦は大事なゲームだった。何故ならば、初戦のエクアドル戦で不甲斐ない出来に終わっていたから。にもかかわらず、再び先発で起用された影山雅永監督の期待に応えようと、勇を鼓してピッチに立った。

 エクアドル戦はスタメン出場を果たしたものの決定機を作り出せず無得点。守備でも若原智哉(京都サンガ)のパンチングが自身の顔面に当たってオウンゴールを与えた。試合後のミックスゾーンでは気丈に振舞っていたものの、表情からは悔しさが見て取れた。

 前回大会にはサガン鳥栖のルーキーイヤーにブレイクを遂げた勢いで出場を果たし、昨年はU-22代表にも飛び級で選出された。その期待値の高いFWにとって、チームは引き分けたものの、貢献できずにいるもどかさしだけが残った。

 このメキシコ戦、田川が意識したのは“平常心”だった。

 「結果=ゴール」を何より欲したくなるが、「そこだけを意識しすぎることはなかった」と言う。気負わず試合に入り、試合の流れのなかで、冷静に自分がやるべきことを見極めていった。

 得点もそのメンタリティが出ていた。ゴール直前のコーナーキックで、田川は同様にニアへ入り、相手DFに背中を手で押されていた。あまりにあからさまだったが、日本にPKは与えられず。田川はファウルをアピールするそぶりも見せたが、必要以上に熱くならずプレーに集中。

「クロスに合わせる練習も繰り返しやっていたし、イメージをみんなで共有できていました」

 そして続いた2本目のコーナーキックに、同じ場所に入り込みネットを揺らした。

 日本は勝点3を獲得し、決勝トーナメント進出が大きく近づいた。

 FWにとって、ゴールは何よりのエナジーだ。勢いに乗れるし、不思議と次の得点がすぐ決まりそうなポジティブな思考になれる。

「FWは点を取ったり、シュートを打ったりすることで気持ちも乗って来ることが多い。今日、得点を取れたことは大きいと思います」

 初戦の悪夢を払拭した。昨年からJリーグではなかなか結果を残せずにいた20歳のストライカーが、メキシコ戦をきっかけに、ポーランドでのさらなる爆発を誓った。

取材・文:松尾祐希(フリーライター)

Ads

Ads