【浦和×C大阪】松田陸が今季初得点、荻原―興梠で同点に!

競り合うC大阪の柿谷曜一朗と浦和の阿部勇樹。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ともに数少ないチャンスをモノにする。

[J1 26節] 浦和 – C大阪/2019年9月13日/埼玉スタジアム2〇〇2

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)開催のため金曜日に組まれた浦和レッズ対セレッソ大阪戦は、前半を終えてスコアレスのまま後半に突入。すると折り返したあと、両チームともに1点ずつ取り合い、次第に攻防もヒートアップしている。

 ホームチームは、出場停止のマウリシオに代わって鈴木大輔がリベロで先発。ほぼ5バックの陣形で手堅く守り、興梠慎三、武藤雄樹、長澤和輝の3人でカウンターを狙う。しかし何度かゴール前まで迫ったものの、C大阪の最後の壁を打ち破れない。

 一方、アウェーのC大阪も前半は様子を見る感じで、あまり無理をせず好機を探る展開に。ポゼッションでは相手を上回り、試合の主導権を握る。

 すると後半に入り、試合が目まぐるしく動く。

 47分、C大阪の両サイドバックが仕掛ける。すると左SBの丸橋祐介のクロスに対し、逆サイドに駆け込んだ松田陸が強烈なショットをねじ込み、アウェーチームに先制点が入る。

 浦和はすぐさま汰木康也を下げて、荻原拓也を投入。前からの重圧を強める。

 すると60分、左サイドを持ち上がった荻原が左足で強烈なシュートを放つ。これでポストに当たり、こぼれ球を興梠が押し込み、同点に追いついた。

 C大阪は鈴木孝司、田中亜土夢を投入。勝負に打って出た。

 試合は1-1のまま終盤に突入している。

 両チームのメンバーは次の通り。

▼浦和レッズ
▽先発
GK
1 西川 周作
DF
31 岩波 拓也
4 鈴木 大輔
5 槙野 智章
MF
41 関根 貴大
22 阿部 勇樹
16 青木 拓矢
24 汰木 康也
(55分→26 荻原 拓也 )
7 長澤 和輝
(77分→14 杉本 健勇)
9 武藤 雄樹
FW
30 興梠 慎三

▽監督
大槻 毅

▽控え
GK
25 福島 春樹
MF
29 柴戸 海
46 森脇 良太
8 エヴェルトン
FW
12 ファブリシオ

▼セレッソ大阪
▽先発
GK
21 キム・ジンヒョン
DF
2 松田 陸
3 木本 恭生
14 丸橋 祐介
22 マテイ ヨニッチ
MF
5 藤田 直之
6 レアンドロ・デサバト
7 水沼 宏太
8 柿谷 曜一朗
(71分→32 田中 亜土夢 )
FW
25 奥埜 博亮 
20 ブルーノ・メンデス
(66分→18 鈴木 孝司)

▽控え
GK
1 圍 謙太朗
DF
15 瀬古 歩夢
16 片山 瑛一
29 舩木 翔
MF
11 ソウザ

▽監督
ロティーナ

関連記事:イニエスタの閃きから!田中順也のキャノン砲が月間ベストゴールに

Topics:Urawa reds – Cerezo Osaka

Ads

Ads