【川崎】Jリーグ全試合フル視聴中のワッキーがオチなし始球式。鬼木監督の2年先輩

川崎対磐田戦で始球式を務めたワッキーさん。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

市立船橋高校で全国高校サッカー選手権出場、「Jリーグが本当に大好き!」。

[J1 26節] 川崎 2-0 磐田/2019年9月14日/等々力陸上競技場

 川崎フロンターレ対ジュビロ磐田の一戦、フロンターレと川崎市、神奈川県赤十字血液センターの三者主催で、献血推進イベント「噂のケンケツSHOW」が実施された。そこで今回、「かわさき一日献血大使」に任命されたワッキーさんが始球式を務め、ふろん太くん相手に強烈なPKを突き刺し、スタンドをどよめかした。

 キックオフ前、川崎の10番のユニフォームに身を包んで登場。ワッキーさんは川崎サポーターの前で次のようにあいさつした。

「J1リーグの年間306試合、全試合をフルタイムで視聴しています。世界に数々のリーグがありますが、Jリーグが本当に大好きです! なぜならば日本人だからです。だからこそ、こうしてスタジアムに集まってくれている皆さんのこと、本当に大好きです!」

 そう熱く語りかけたが、「これぐらいにしましょう」とオチはなく、ホーム側のゴールへ。芝刈りギャグを挟んでのふろん太くんとのPK対決では、ゴール左隅へ鋭いシュート! 市立船橋高校で全国高校サッカー選手権にも出場したセンスと実力を改めて示した。ちなみにワッキーさんが、川崎の鬼木達監督の2年先輩ということだ。

 その強烈なキックにスタンドから歓声が起き、ワッキーさんは最後、プロレスラー中邑真輔”公認”の中村憲剛の今季のゴールパフォーマンス「イヤァオ」で締めくくった。

 ワッキーパワーが注入された川崎は、2-0で7試合ぶりの勝利。11勝11分4敗(40得点・24失点)の勝点44で4位に浮上し、首位FC東京と勝点8差に縮めた。

関連記事:【川崎】復帰の中村憲剛が得た高揚感と安堵「いつもと同じ景色があった」

[取材・文:塚越始]

Topics:Kawasaki Frontale 2-0 Jubilo Iwata;The game was started by the Wakky kicking the first ball.

Ads

Ads