「10番」江坂が決めた!J2首位の柏が愛媛に逆転勝利、4戦ぶり勝点3

柏の江坂任。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

今季加入の染谷悠太が初ゴール、値千金の同点弾に。一方、愛媛は4連敗。

[J2 33節] 柏 2-1 愛媛/2019年9月22日/三協フロンテア柏スタジアム

 J2首位の柏レイソルが愛媛FCに2-1の逆転勝利を収め、リーグ4試合ぶりとなる勝点3を掴んだ。先制点を許したもののコーナーキックから染谷悠太の新天地での初ゴールで追いつき、さらに江坂任の左足のクリーンショットで逆転に成功した。

 前半アディショナルタイム、愛媛の藤本佳希に先制点を決められる嫌な展開に。しかし後半、ホームの声援を受ける柏が一気に攻め立てる。迎えた60分にコーナーキックから、ポストの跳ね返りを染谷がねじ込み同点に。さらに80分、3人に囲まれながらも打開したクリスティアーノの右サイドからのクロスを、江坂が中央でコントロール。DFを颯爽とかわし、左足の鮮烈のシュートを突き刺してみせた。

 江坂は試合後のヒーローインタビューで次のように語った。

「クリス(クリスティアーノ)が必ずサイドを突破してくれると信じて真ん中で待っていたところへ、いいボールが来たので、あとは決めるだけでした。ゴールも相手もしっかり見えていて、シュートのイメージもできていたので、その通りに蹴ることができました。

 相手も対策を練ってきて、難しい試合が続いていましたけれど、こうしてホームでまた勝てて嬉しいです。もう一回、チームが一つになり、全員で守備と攻撃をすることが大事だと思います」

 柏の背番号「10」江坂はこれで今季29試合9ゴール目。二桁ゴールまで、あと1点と迫った。

 19勝9分5敗(53得点・26失点)で勝点66に伸ばした柏は、再び勢いを付けることができるか? 一方、愛媛は4連敗となった。

関連記事:【栗澤僚一インタビュー③】デビュー当初の長友佑都は「練習参加の時からばんばんゴールを決めていた」

Topics:Kashiwa Reysol 2-1 Ehime FC 

Ads

Ads