「今日に限ったことではない」浦和の武藤雄樹が改めて実感した課題。天皇杯HondaFCに敗れる

浦和の武藤雄樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI※写真は松本山雅FC戦

ショックの大きい1敗。来季のACL出場権獲得も絶望的に。

[天皇杯 4回戦] 浦和 0-2 Honda FC /2019年9月25日/埼玉スタジアム2〇〇2

 天皇杯4回戦、浦和レッズがJFL(日本フットボールリーグ)のHondaFCに0-2の完敗を喫し、ベスト16で姿を消した。これで来季のAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権の獲得が絶望的になった。

 浦和の武藤雄樹は後半開始から3-4-2-1の右シャドーに投入され、前線で起点を作った。前線を活性化させることには成功したが、そこからさらに崩し切れなかった。

 試合後、浦和の背番号「9」は次のように振り返った。

「なかなか前半は前線(1トップ2シャドー)にボールを入れて、上手く進んでいくというシーンがほとんどありませんでした。そのあたりを意識してボールを引き出し、サイドから前進していくことはできたと思います。点を取るため、もう一つ崩し切るため、ゴール前にパワーをかけないといけなかった。ただ、今日に限ったことではないと思いますけれど、そのへんは……ゴール前の迫力だったり、最後のもう一つ崩すビッグチャンスをなかなか作り出せずにいるのが現状だと思います」

 そのように武藤は、この敗戦を受け止めていた。

「いかにゴール前の人数をかけるか。練習でトライしている部分はあります。さらにサイドからクロスというシーンが多いですが、ボランチ、シャドー、ワイド(ウイングバック)……ゴール前へ二人、三人と入っていかないと、ゴールする確率は上がらないと思います。

 興梠さんに頼ることが多く、チームとしてゴールを決めるパターンと言いますか、確率を上げていかないと。今はビッグチャンスもなかなか作れずにいます。PKはありましたが、流れの中からのチャンス自体がなかったと感じています」

 中2日でJ1リーグ、アウェーのサガン鳥栖戦に臨む。勝点4差での15位と16位の対決になる。

「勝点と順位を見れば、危機感を持つべき順位にいますし、みんなで戦わないいけない。鳥栖も守備の意識が高く、しっかり走ってきますので、難しい相手になります。しっかり闘うところと、練習期間がなかなかないですけれど、攻撃のみならず守備面の課題も少しずつ修正して臨めればと思います」

 そして試合後のドレッシングルームでは、短い時間だったが大槻毅監督と選手たちが集まり言葉を交わしたという。

「今日一つタイトルを逃し、来年のACLもほぼなくなってしまった状況です。もちろん切り替えて、とにかく次の試合にしっかり責任を持って戦おうという話をしました。また、みんなで良い準備をしていくしかないです」

 武藤は肩を落としたまま、しかしなんとかして前を向き、突破口を見出そうとしていた。

【浦和】ACL4強進出! 阿部勇樹がサポーターに誓う「ズラタンがあの時言ったように」

[取材・文:塚越 始]

Ads

Ads