【日本代表】国内組わずか3人に。鎌田と浅野が復帰も、ほぼ変更なし

久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

W杯予選10月シリーズ。負傷の大迫勇也、鈴木武蔵のみ外れる。久保建英は継続して招集、香川真司の復帰ならず。

 日本サッカー協会は10月3日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選(兼:2023年開催の中国アジアカップ予選)の10月シリーズ(10日:モンゴル代表戦/ホーム/@埼玉スタジアム、15日:タジキスタン代表戦/アウェー/@ドゥシャンベ)に臨む日本代表のメンバーを発表した。

 注目されたレアル・マドリードからRCDマジョルカにレンタル移籍中の18歳の久保建英が6月と9月に続き招集された一方、レアル・サラゴサの香川真司の復帰はならなかった。

 また、アイントラハト・フランクフルトの鎌田大地、パルチザン・ベオグラードの浅野拓磨が3月以来の復帰を果たした。

 一方、負傷によりリハビリ中のエースの大迫勇也が、今回メンバー外となった。

 日本代表の森保一監督は記者会見で、次のように語った。

「この2試合で勝点3ずつ取れるように、チーム一丸となって臨みたい。(浅野と鎌田の復帰について)所属チームで継続して試合に出て、いいパフォーマンスを見せてくれています。今回の戦いのなかで、持っているものをチームに生かし、その良さを十分出してもらえると思い招集しました」

「(大きな変更がない点について)メンバー選考でいろんな考え方を持っていて、自由に主張してほしいと思っています。ただ、これまでもその都度のベストを呼んで活動してきました。チームとしての活動のなかでベストだと考え招集しました」

 国内組は、今回も畠中槙之輔(横浜FM)、橋本拳人、永井謙佑(いずれもFC東京)の3人のみとなった。

 日本代表メンバーは次の通り。

▽監督 
森保  一

▽選手 
GK
川島 永嗣 (RCストラスブール/フランス)
権田 修一 (ポルティモネンセSC/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シントトロイデンVV/ベルギー)
DF
長友 佑都(ガラタサライSK/トルコ)
吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井 宏樹(オリンピック・マルセイユ/フランス)
植田 直通 (セルクル・ブルージュKSV/ベルギー)
安西 幸輝 (ポルティモネンセSC/ポルトガル)
畠中 槙之輔 (横浜F・マリノス)
冨安 健洋(ボローニャFC/イタリア)
MF
原口 元気(ハノーファー96/ドイツ)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
遠藤 航(VfBシュツットガルト/ドイツ)
伊東 純也(KRCヘンク/ベルギー)
橋本 拳人(FC東京)
中島 翔哉(FCポルト/ポルトガル)
南野 拓実(ザルツブルク/オーストリア)
板倉 滉(FCフローニンゲン/オランダ)
堂安 律 (PSVアイントホーフェン/オランダ)
久保 建英(RCDマジョルカ/スペイン)
FW
永井 謙佑(FC東京)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
鎌田 大地(アイントラハト・フランクフルト/ドイツ)

関連記事:レアル移籍の久保建英。唯一の懸念は「3部リーグ」のレベル、FC東京と比べて…

[文:サカノワ編集グループ]

Topics: Takefusa KUBO and Daichi KAMADA,Takuma ASANO join to Japan National team.

Ads

Ads