本田圭佑がSNS新企画「コーチを探します」。今回は有償だが…

本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

すでに「1次選考」は終了し、本人から通知済み。

 オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーを昨季限りで退団した元日本代表の本田圭佑が、自身のSNSのツイッター( アカウントは @kskgroup2017 )で、「1万円払うのでサッカーを教える」に続く新たな企画をスタートさせた。

 今回は「お金を払ってでも、何かを実現したいための(最高の)コーチを探します」という趣旨だ。

 本田は7月1日、次のようにつぶやいた。

「お金を払ってでも〇〇を実現したい。

 その為にこんなコーチにサポートしてほしいという人はいますか?

 本気であれば何でもいいので、教えてもらえれば、僕があなたの代わりにコーチを探します。(全員は無理なので数名選ばせてもらう予定です)」

 すると、さっそくコメント欄に多くの人たちの「夢」とそれを叶えるための「プロセス」、そして欲している「コーチ像」などが書き込まれていった。

 本田としても、そういった「未来設計図」を伝えてもらう、知ることができる、というのが自身のエナジーになっているのかもしれない。

 すると本田は翌日、早くも”1次選考”を突破した人へ通知した旨を報告した。

「今日僕からフォローされた方へ

 本気かなと判断してフォローさせてもらったのでDMでもう少し詳細を教えてください。

 -何を学びたいか(具体的に)-期間(もしあれば)-予算感(リアルに)

 コーチ探しは可能な限り頑張りますw」

 どうやら、よりリアルに夢を実現するための設定図を描けている人を応援したいと考えているようである。とはいえ、やはり、何よりも情熱を知ろうとしているのかもしれないが。

 今回は有償というだけあって、果たして何人が”当選”し、どのようなコーチを本田が見つけ出すのか。そして、第3、第4の本田の「夢実現企画」もどのような展開になるのか楽しみだ。

文:サカノワ編集グループ

Ads

Ads