サラゴサ香川真司が発熱から戦列復帰!首位カディス戦メンバー入り

サラゴサの香川真司。※レアル・サラゴサの公式ツイッターより

クラブが練習に合流した様子をSNSでも伝える。指揮官は「好対照のチーム同士の試合になる」と予想。

[スペイン2部 10節]  レアル・サラゴサ – カディス/2019年10月6日16:00(日本時間同23:00)/エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダ

 発熱のため戦列から離れていたスペイン2部レアル・サラゴサのMF香川真司がチームの練習に合流した。クラブは10月6日にホームで迎えるリーグ首位カディスCF戦の招集メンバーを発表、その19人の中に香川も名前を連ねた。コンディションさえ問題なければ、4-2-3-1のトップ下で、2試合ぶりの先発での出場が予想される。

 最近2試合連続で引き分けているサラゴサはリーグ4勝4分(14得点・6失点)で、他チームより1試合消化試合が少ないものの暫定3位につける。一方、カディスは7勝1分1敗(14得点・8失点)で首位に立つ。

 これまで7試合・2ゴールを決める香川は、9月29日のレアル・オビエド戦(△2-2)のアウェー遠征に帯同したあと発熱でダウン。その後、療養に努めて10月3日のマラガCF戦(△2-2)を、今季初めて欠場した。

 そしてカディス戦前日の10月5日、練習に復帰。クラブの公式ツイッター(アカウントは @RealZaragoza )は、香川がウォームアップでボールを蹴る動画とともに、「香川真司選手はトレーニングに戻りました。」と報告している。さらに、ガーナ代表ラファエル・ドワーミ、コロンビア人のエースストライカー、ルイス・スアレスらとともに、カディス戦のメンバーに選ばれたことも発表した。

 サラゴサのビクトール・フェルナンデス監督はカディス戦に向けた公式記者会見で、「大きな挑戦になる。楽しみにしている」と上位決戦に胸を躍らせる。カディスの守備を重視した戦いに対し、「それに対抗する武器を私たちは持っている。対照的なチーム同士の戦いになるだろう」と予想し、「勇気を持って立ち向かっていくことが大切だ」と抱負を語っている。

 チームにとって序盤戦の”大一番”。こうした「最も厳しい試合の一つ」(フェルナンデス安徳)でこそ、香川が真価を発揮するはずだ!

関連記事:サラゴサ香川が加入1か月で記者会見。日本代表復帰か? 真っ先に聞かれる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads