今季最多6失点…イニエスタが「厳しい敗戦」に挙げた課題とは?

神戸のアンドレ・イニエスタ。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

中断明けのホームでのFC東京戦に向けて――。

[J1 28節] 広島 6-2 神戸/2019年10月5日/エディオンスタジアム広島

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、今季最多6失点を喫して敗れたサンフレッチェ広島戦(●2-6)のあと、自身のSNSのツイッター( アカウントは @andresiniesta8 )を更新し、神戸サポーターに改めて再び一緒に戦おうと呼びかけている。

 イニエスタは次のようにスペイン語でメッセージを発信した。

「昨日はすべての人にとって、厳しい敗戦でした。私たちは一体何が起きていたのか分析するとともに、次のホームスタジアムで迎える試合に向けて準備します! サポートをしてくれてありがとう。バモス、ヴィッセル神戸!」

 そのように「アナライズ(分析)」が必要だと訴え、その修正をピッチに落とし込み、次戦に臨むという。

 後半途中からの猛スパートが効いて、77分の田中順也のゴールで一時は2-3と1点差まで詰め寄った。しかし、そこから前掛かったところを逆に突かれ、さらにはGK飯倉大樹が前に出た際にボールを奪われてしまうミスもあって失点を喫し、一気に3ゴール(84分:川辺駿、90+1分:ドウグラス・ヴィエイラ、90+2分:森島司)を追加された。

 リードされたあと、どこまで攻撃に比重を置くのか。点差などによっても、そのバランスは変わってくるだろう。神戸が上位に加わるためには、”捨て身”や”やぶれかぶれ”の攻撃のみならず、時間帯や点差による駆け引きで上回っていくチーム力も求められ、そのための意思統一も図っていきたい。
 
 イニエスタはリーグ2試合連続での先発出場に。前節の川崎フロンターレ戦でリーグ3試合ぶりの先発復帰を果たし、83分までプレーして2-1の勝利に貢献。その試合後は「個人的にも3試合ぶりの試合。その戻ってきた最初の試合は、コンディション面の難しさを感じながら臨むので、いいフィーリングで試合を終えられたので、それも含めて喜んでいます」と語っていた。
 

 ここで再び国際Aマッチウィークによる中断期間を挟むのは、神戸の背番号8がコンディションを高めるために、ちょうどいいかもしれない。しかも、中断明けの10月19日・29節は、首位からついに陥落したFC東京と対戦する。6月のアウェーゲームでも1-0の勝利を収めており、この上位チームから「ダブル」(2勝)を成し遂げられるか。

関連記事:川崎撃破のイニエスタが喜びと安堵の笑顔「復帰戦の不安はあったけど、いいフィーリングだったよ」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Andres INIESTA of Vissel KOBE sends a message after a “hard defeat”.

Ads

Ads