【湘南】浮嶋敏監督の就任決定、U-18から昇格。曺前監督のパワハラ退団に伴い

湘南ベルマーレが新体制で再出発。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

石川桂コーチの昇格、関口潔氏のGM就任も発表。

 湘南ベルマーレは10月10日、パワーハラスメント問題による曺貴裁前監督の退団に伴い、湘南U-18を率いてきた浮嶋敏(うきしま・びん)氏のトップチーム監督への昇格を発表した。 また、湘南U-18コーチだった石川桂(いしかわ・けい)氏のトップチームコーチ昇格、関口潔(せきぐち・きよし)氏のゼネラルマネジャー(GM)の就任も決定した。同日からチームは浮嶋新監督のもとでトレーニングを行っている。

 浮嶋氏は1967年9月4日生まれ、52歳。東京都出身。

 現役時代は1991年から96年まで富士通でプレーしていた。

 その後、指導者として、2002年から2005年まで新城高監督、2006年から2008年まで横浜FCジュニアユース監督、2009年から2010年まで横浜FCユース監督、2006から2009年まで横浜FC育成部部長(兼務)、2011年から2012年まで湘南ベルマーレトップチームコーチ、 2013年から2018年まで湘南ベルマーレU-15平塚監督、2019年湘南ベルマーレU-18監督を歴任している。また、2013年から2019年10月まで、ベルマーレフットボールアカデミーダイレクターも兼務してきた。

 JFA公認S級コーチライセンス、FAインターナショナルライセンス(UEFA B相当)も取得。 

 浮嶋監督をはじめ三氏は次のように抱負を語っている。

浮嶋敏監督
「この度、トップチームの監督に就任いたしました。 2011年より9年間、トップチームとアカデミーのコーチとして指導に携わってきましたが、湘南ベルマーレがこれまで積み上げてきたサッカーを大切にし、活き活きとエネルギーに満ちた戦いができるよう働きかけていきたいと思います。『湘南スタイル』に磨きをかけ、応援して下さる皆さんと共に前進していきたいと思います」

石川桂コーチ
「この度、トップチームのコーチに就任しました。クラブ全員で協力しながら、毎日のトレーニングを大切にして、自分らしく、楽しみながら仕事に取り組みたいと思います。チームの目標を達成するため、また湘南らしい戦いをサポートできるよう全力を尽くします」

関口 潔GM
「この度、GMに就任することとなりました。チームのJ1残留のために、選手やスタッフがトレーニング、そして試合に集中できる環境を作っていきたいと考えています。また、ハラスメント再発防止のためにチーム内のガバナンス強化を図ることに全力を注いでまいります」

関連記事:曺監督のパワハラ報告書。選手から生々しい「死んだ方が楽」「一緒にやるのは無理」などの声

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads