×

サラゴサついにブーイング…香川は先発出場も連敗でホーム4戦勝ち星なし

サラゴサの香川真司。(C)Real Zaragoza

ターンオーバーで先発復帰した香川は途中交代、神妙な顔つきでベンチへ…。

[スペイン2部 12節] サラゴサ 1-2 ミランデス/2019年10月20日/エスタディオ・デ・ラ・ロマレーダ

 スペイン2部リーグのレアル・サラゴサ対CDミランデスの一戦、ホームのサラゴサが1-2で敗れた。これでリーグ2連敗、ホームでは4試合勝ち星なしとなった。香川真司はターンオーバーから先発復帰を果たしたものの攻撃面で持ち味を発揮できず、69分に途中交代した。試合後にはホームのサポーターからチームに大きなブーイングも起きた。

 順延されていた一戦がミッドウィークに組まれたサラゴサは変則的な日程での連戦に。元日本代表の香川とエースストライカーのルイス・スアレス、アンカーのイニゴ・エグアラスがターンオーバーから先発復帰を果たした。

 ボールポゼッションでは上回るものの、相手がスピードで変化をつけた時に対応できない。その課題をこの日も露呈。カウンターから両サイドをえぐられて22分、61分とミランデスにゴールを決められてしまう。香川はスルーパスから惜しいチャンスを作り出したものの、試合を通じて見ると、なかなか脅威を与えることができなかった。69分に交代を告げられると、神妙な顔つきでベンチに下がった。

 その後、アルベルト・ソロの豪快なヘディングシュートで1点差としたが、ホームチームはそのまま1-2で敗れた。

 サラゴサは2連敗、ホームでは最近2分2敗と4試合勝ち星がない。香川はリーグ通算11試合2ゴールで、チームの調子を物語るかのように、5節のエストレマドゥーラUD戦(〇3-1)以来得点に絡めずにいる。

 サラゴサは5勝4分3敗(17得点・12失点)で5位に後退。ただし、サラゴサのDFピチュ ・アティエンサは「この結果は妥当だと受け止める。ただ、私たちは5位にいる。状況は悪いが、ポジティブにも受け止める必要がある」と何とか前を向こうとしていた。

 サラゴサは次節10月27日(日本時間28日0:00)、スポルティング・デ・ヒホンとアウェーで対戦する。

関連記事:元レアル&マジョルカのイバン・カンポが久保建英に送った助言とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Error, group does not exist! Check your syntax! (ID: 29)

Ads

Ads