【ルヴァン杯決勝】川崎の鬼木監督「PK蹴りたくなさそうな選手いた」

川崎の鬼木達監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

理論と直観でもたらしたクラブ「初戴冠」。

[ルヴァン杯 決勝] 札幌 3(4PK5)3 川崎/2019年10月26日/埼玉スタジアム2〇〇2

 ルヴァンカップ決勝、川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌に延長120分、さらにPK戦の末に勝利を収め、同大会初の優勝を果たした。クラブとしても天皇杯を含めカップ戦は5度目のファイナル進出で、初の「戴冠」成功だ。

 鬼木達監督は試合後の記者会見で、「最後まで諦めないその姿勢が、何かを起こせるのだということを、選手とサポーターから教えてもらいました」とまず感謝を口にした。

 そのなかで最後のPK戦のキッカーの順番にも話が及んだ。

 4人目の車屋紳太郎がクロスバー直撃のキックで外したものの、そこから家長昭博、長谷川竜也が決め、GK新井章太が2本セーブ。結果的に、この最後のPK戦でも攻撃的なアグレッシブさを貫いた川崎が上回ってみせた。

 ただ、鬼木監督は次のようにも明かした。

「選手が一人少ない状況で(3-3に)追い付き、最後も危険なシーンを凌いで終えたことで、どこかホッとした雰囲気で戻ってきていました。

 そこで最終的に自分がPKの順番を決めました。話をしている間、蹴りたくないとは直接言いませんけど、自信がなさそうな選手もいました。そこでコミュニケーションを取りながら決めました。

 最後『行こう』という時には『ここからも気持ちだ』と選手たちが盛り上げ、その声を(新井)章太が掛けていました。その意味でも最後、あのような形になったのかなと思います」

 数的不利になってもマギーニョを投入することでバランスを保ち3点目を奪い切ってみせた理論的采配も的中した。そしてPK戦では、その何かを察知した直観による順番により、6人目での決着をもたらした。いろいろな要素が複合的に重なり、総合力で川崎が上回った。

 記者会見の出入り口で顔を合わせた札幌のペトロヴィッチ監督からは、「私は14年でタイトル一つだけだが、あなたは3年で3つ目とは羨ましいよ」と声を掛けられていた。

関連記事:【ルヴァン杯】なぜ谷口彰悟が退場になったのか?DOGSOとは

[取材・文:塚越 始]

Topics:J.LEAGUE YBC Levain CUP FINAL;Hokkaido Consadole Sapporo 3(4PK5)3 Kawasaki Frontale 

Ads

Ads