【日本代表】都道府県出身ランキング。1位神奈川、愛媛と三重が健闘

モンゴル戦に臨んだ日本代表のイレブン。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

神奈川は久保と板倉が抜けたが、佐々木が加わり1位キープ。

[カタールW杯 アジア2次予選 グループF 4節] キルギス – 日本/2019年11月14日17:15(日本時間20:15)/スパルタクスタジアム(ビシュケク)

 カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選F組の第4戦、日本代表が11月14日、アウェーでキルギス(キルギスタン)代表と対戦する。FIFAランキングは日本が28位、キルギスが94位。グループ内では、日本が3連勝で1位、キルギスが2勝1敗で2位。

 今回、キルギス戦のメンバーの都道府県別の出生地をチェック。人口の多さが大きく影響するが、興味深い結果となった。

 クラブユースが充実し、さらに高校、大学とレベルの高い受け皿も揃う神奈川が1位。10月シリーズにいた久保建英と板倉滉がU-22代表での活動のため抜けたが、佐々木翔が加わった。

 埼玉、大阪の都市圏とともに、愛媛、三重が”健闘”して、2人ずつ選ばれ3位タイに入った。王国・静岡や千葉からはこの欧州組中心のメンバー(欧州組16人、国内組7人)には一人も選ばれていない。

 以下、今回のキルギス戦のメンバーとロシアW杯の都道府県別出身地のランキング。

■カタールW杯アジア予選キルギス戦(2019年11月)
日本代表 
都道府県出身ランキング

1位
◎神奈川県:4人
畠中槙之輔・遠藤 航・伊東純也・佐々木翔

2位
◎東京都:3人
権田修一・中島翔哉・橋本拳人

3位
◎埼玉県:2人
川島永嗣・原口元気

3位
◎愛媛県:2人
長友佑都・鎌田大地 

3位
◎大阪府:2人
室屋成・南野拓実

3位
◎三重県:2人
山口蛍・浅野拓磨

以下7位・1人
◎青森県/柴崎 岳

◎長野県/酒井宏樹

◎兵庫県/安西幸輝

◎広島県/永井謙佑

◎長崎県/吉田麻也

◎熊本県/植田直通

◎アメリカ/シュミット・ダニエル

◎ジャマイカ/鈴木武蔵

■ロシアW杯(2018年6月)
日本代表
都道府県出身ランキング

1位・3人
◎兵庫県
昌子 源・香川真司・岡崎慎司

2位・2人
◎静岡県
長谷部誠・大島僚太

2位・2人
◎埼玉県
川島永嗣・原口元気

2位・2人
◎大阪府
東口順昭・本田圭佑

2位・2人
◎東京都
中村航輔・武藤嘉紀

以下6位・1人
◎青森県/柴崎 岳

◎神奈川県/遠藤 航

◎長野県/酒井宏樹

◎三重県/山口 蛍

◎愛媛県/長友佑都

◎滋賀県/乾 貴士

◎京都府/宇佐美貴史

◎広島県/槙野智章

◎長崎県/吉田麻也

◎熊本県/植田直通

◎鹿児島県/大迫勇也

◎アメリカ/酒井高徳

久保の「市場価格」8億円アップ!レアルのレンタル移籍組ランキング

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads