大迫不発、ブレーメン初戦ドロー。入れ替え戦のレギュレーションは?

ブレーメンの大迫勇也。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ハイデンハイムとのホームでの第1戦、スコアレスに終わる。第2戦は日本時間の7日未明。

[ブンデス1・2部入れ替え戦PO 1st] ブレーメン 0-0 ハイデンハイム/2020年7月2日(日本時間3日3:30)/ヴェーザー

 ドイツ・ブンデスリーガの1・2部入れ替え戦プレーオフの第1戦、1部16位のヴェルダー・ブレーメンはホームで2部3位の1.FCハイデンハイムとスコアレスで引き分けた。1部最終節で2ゴール1得点を記録してチームを自動降格圏の17位から16位に引き上げた日本代表FW大迫勇也はトップ下で先発出場したもののゴールを決められなかった。

 シュート数は両チームともに6本ずつ。ボールポゼッション率はブレーメンの67パーセントに対し、ハイデンハイムが33パーセント。無観客ではあったが、ホームチームが主導権を握り、アウェーチームが耐えるという構図になった。

 大迫は惜しいチャンスを作ったものの決めきれず。再びヒーローにはなれず、84分に途中交代している。加えて87分、DFニクラス・モイサンデルがレッドカードで退場となり、第2戦では出場停止となる。

 ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は「単純に悪い試合だった」と振り返っている。一方、3位に食い込むだけでなく1部昇格までも成し遂げるのか?と、「ハイデンハイムの奇跡」が注目を集める。

 プレーオフのレギュレーションだが、シンプルに2試合でのトータルスコアが上回ったほうが「勝利」となる。同点だった場合にアウェーでのゴールが「2倍」に換算される、アウェーゴールが適用される。

 それでも決着がつかない場合は、15分間ハーフの延長戦、さらにPK戦も行われる。

 1・2部入れ替え戦プレーオフの第2戦は7月6日(日本時間7日3:30)、ハイデンハイムのホームであるフォイトアレーナで行われる。

関連記事:【鹿島】内田篤人が大迫勇也を斬る「フンテラールのように日本でボールを収められるのは――」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads