【U-22日本代表 こんな布陣を見てみたい】久保、堂安、三好、魅惑のレフティ共演はできないだろうか?

U-22日本代表対U-22コロンビア代表の「こんな布陣を見てみたい」案。4-2-3-1で、2列目に堂安、三好、久保が並ぶのも面白そうだが――。(C)SAKANOWA

基本布陣は3バック。4-2-3-1のほうがハマりそうだが…。

[キリンC杯]U-22日本代表 – U-22コロンビア代表/2019年11月17日12:50/エディオンスタジアム広島

 東京オリンピックを目指すU-22日本代表対U-22コロンビア代表の一戦が11月17日、エディオンスタジアム広島で行われる。日本代表(A代表)と兼任する森保一監督のもと、東京五輪まで9か月、現在のベストと言えるメンバーが国内外から広島に集結し、この一戦に臨む。

 ぜひ一度見たい、実現させてほしいのが、堂安律、三好康児、そして久保建英、魅惑のトリプル・レフティの共演だ。いずれも欧州1部リーグでプレーし、すでにA代表デビューも果たしている。いずれも東京五輪後は日本を牽引する存在になっていくべき逸材である。

 もちろんセオリーから考えれば、左利きの2列目タイプ3人の同時起用は難しいかもしれない。ただ、どのように呼吸を合わせていくのか……ハイレベルな3人だからこそ、そのあたりの相乗効果も見てみたい。

 チーム発足から取り組んでいる3-4-2-1布陣に当てはめようとすると、一人がボランチやウイングバック、あるいはトップに入らなければいけない。

 一案として浮かぶのが久保のボランチ起用だ。久保はレアル・マドリードのプレシーズンマッチ、この布陣でボランチを務めている。”ボランチ=センターハーフ”でも力を発揮できる――というメッセージを発するチャンスになるのではないか。

 あるいは世代別代表でも結果を残している久保のセンターフォワード(ゼロトップ)起用、より攻撃的に行くのであれば三好のウイングバック起用も面白そうだ。

 3バックに当てはめていくと、リベロは板倉がプレーできるものの人材が豊富とは言えないなど課題も浮かぶ。欧州のチームで主力としてプレーする選手は、いずれも4バックの基本布陣でプレーしている。

 一方、4-2-3-1にすると、2列目にこの3人を並べる布陣も可能になり、他のポジションでもさまざまな選択肢が広がる。今後のオーバーエイジ招集も考えると、日本代表と同じ4-2-3-1も選択肢に入れていきたい。今回も試合途中でのシステム変更もあるかもしれない。

 キリンチャレンジカップのU-22日本代表対U-22コロンビア代表戦は11月17日、エディオンスタジアム広島にて行われる。12:50キックオフ予定。

 U-22日本代表のメンバーは次の通り。

ポジション
背番号 名前(所属)

▼GK
1 大迫敬介(広島)
12 谷 晃生(G大阪)
▼DF
4 板倉 滉(フローニンゲン)
16 岩田智輝(大分)
6 長沼洋一(愛媛FC)
2 立田悠悟(清水)
14 原 輝綺(鳥栖)
15 瀬古歩夢(セレッソ大阪)
▼MF
3 中山雄太(ズヴォレ)
10 三好康児(アントワープ)
8 田中駿汰(大阪体育大)
20 高 宇洋(レノファ山口)

7 堂安 律(PSV)
11 食野亮太郎(ハーツ)
5 菅 大輝(札幌)
21 橋岡大樹(浦和)
22 菅原由勢(AZ)
17 久保建英(マジョルカ)
▼FW
9 小川航基(水戸)
13 前田大然(マリティモ)
18 上田綺世(鹿島)

Topics: U22 Japan national team(TOKYO-Olympic)

Ads

Ads