久保建英も一因?ラウル新監督の課題に「守備の寛容さ」

久保建英。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

開幕前に連敗のカスティージャ。『マルカ』紙が「ラウルにとって苦いプレシーズンに」と指摘する。

[練習試合] レアル・マドリード・カスティージャ 2-3  ブルゴス/2019年8月18日

 レアル・マドリードのBチーム、カスティージャは8月18日の練習試合、ブルゴスCF(セグンダB)に2-3で敗れた。久保建英は14日のクルトゥラル・レオネッサ戦(●0-3)に続いて、カスティージャで2試合連続フル出場を果たしたものの、チームを勝利に導けなかった。

 スペイン紙『マルカ』は、今季から指揮を執るラウル・ゴンザレス監督のスタンスについて、「守備の規律が徹底されておらず、寛容であること」を課題に挙げている。

 チームはこのプレシーズン、3勝5敗。そして4日前のレオネッサ戦から2試合連続で「3失点」を喫した。

 ただ、記事内ではおおむね久保のプレーを評価。彼から放たれるパスを生かせずにいたと指摘している。

 一方、カスティージャのチーム全体として、「自陣でのミスが目立ち、なかには不運もあったが、守備面で個々がボールを失っていた。ラウルには苦い結果のプレシーズンになってしまった」と、守備面の課題を指摘していた。確かに久保に関しても、ブルゴス戦の前半、大事には至らなかったが自陣でボールを失うシーンがあった(ネガティブトランジションも素早かった)。

 基本的には”トップチーム予備軍”として、フベニールの有望株や久保らトップ候補生ら寄せ集め的になるカスティージャだが、何かしらの守備面の約束事は確かに必要となってきそうだ。

 何より自身もフベニール(ユース)と下部組織(当時の4部で9試合16得点、セグンダBは1試合出場)を経てレアル・マドリードで最年少デビューを果たし、スーパーストライカーへと飛躍を遂げたのがラウル監督である。これからどのように「指揮官」としてカラーを発揮していくかも注目点となってくる。久保が得るものも多いはずだ。

 カスティージャは8月25日、セグンダBのリーグ開幕戦、ラス・ロサスCFとアウェーで対戦する。 

関連記事:レアル久保建英は早起きが苦手?練習場到着時に「激写」される

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads