【U-22日本代表】久保建英が悔恨「決められなかった、では済まない」

コロンビア戦でフル出場したU-22日本代表の久保建英。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

コロンビアに0-2敗戦。前線トライアングルがなかなか機能せず。

[キリンC杯]U-22日本代表 0-2 U-22コロンビア代表/2019年11月17日/エディオンスタジアム広島

 今回U-22日本代表としてキリンチャレンジカップのU-22コロンビア代表戦に臨んだMF久保建英はフル出場したものの、チームにゴールをもたらすことができなかった。ホームで新ユニフォームとともに初めてお披露目された東京五輪世代は0-2とほろ苦い敗戦を喫し、東京オリンピックでの金メダル獲得に向けて、まずいくつかの課題を露呈した形だ。

 久保は3-4-2-1のシャドーで、堂安律と並んで先発。久保がボールを収めて起点になるものの、このシステムの強みであり狙いでもある前線3人でコンパクトに崩す形に持ち込めない。

 後半途中からは4-2-3-1に布陣を変更。三好康児を投入したあとは、2列目にレフティ3人が並ぶ布陣が実現する。そこから決定機も作り出したが……チャンスの数自体が限られた。やはり森保一監督が基本的に不在だった影響も感じられ、チームとしてのコンセプトや狙いが伝わってこない一戦となってしまった。

 久保は試合後のフラッシュインタビューで、次のように語った。

「負けてしまったので、そこはしっかりもう一度現実を見つめ直さなければいけないと思います。後半2点取られてから、何回か惜しいシーンがありました。そういうのを0-0の時から、もっと出していかないと。相手はこうして決めてきますし、『決められなかった』では済まないと思うので、しっかり個々で決定力を上げつつ、最初からいい入りができるようにしたいです」

 そのように課題を挙げていき、18歳のアタッカーは続けた。

「今日はちょっとふがいない試合になりましたけど、しっかりこれから各々がチームに帰って、精一杯頑張って、ここに戻れるようにしたいと思うので、応援よろしくお願いします」

 久保はよりフィニッシュにこだわっていく決意を示していた。

 U-22日本代表は今回、この1試合で日本代表には合流せず解散。久保はRCDマジョルカに合流する。マジョルカは11月22日の金曜日、レバンテUDとアウェーで対戦する。

 U-22日本代表のメンバーは次の通り。

ポジション
背番号 名前(所属)

▽先発&交代
▼GK

1 大迫敬介(広島)
▼DF
4 板倉 滉(フローニンゲン/オランダ)
16 岩田智輝(大分)
[62分→10 三好康児(アントワープ/ベルギー)]
2 立田悠悟(清水)
▼MF
3 中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
8 田中駿汰(大阪体育大)
[88分→13 前田大然(マリティモ/ポルトガル)]

7 堂安 律(PSV)
[84分→11 食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)]
5 菅 大輝(札幌)
[62分→14 原 輝綺(鳥栖)]

22 菅原由勢(AZ/オランダ)
17 久保建英(マジョルカ/スペイン)
▼FW
18 上田綺世(鹿島)
[HT → 小川航基(水戸)]

▽控え
▼GK
12 谷 晃生(G大阪)
▼DF
6 長沼洋一(愛媛FC)
15 瀬古歩夢(C大阪)
▼MF
19  鈴木冬一(湘南)
20 高 宇洋(山口)
21 橋岡大樹(浦和)

関連記事:久保の「市場価格」8億円アップ!レアルのレンタル移籍組ランキング

Ads

Ads