【PHOTO特集】新ユニ披露、久保建英がU-22日本代表で見せた一挙手一投足

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

22日にはアウェーでレバンテ戦!

[キリンC杯]U-22日本代表 0-2 U-22コロンビア代表/2019年11月17日/エディオンスタジアム広島

 東京オリンピックを目指すU-22日本代表(来年U-23代表)がU-22コロンビア代表と親善試合のキリンチャレンジカップで対戦し、0-2と完敗を喫した。レアル・マドリードからRCDマジョルカに期限付き移籍している久保建英、PSVの堂安律ら「最強メンバー」で挑んだホーム初陣は3-4-2-1布陣が機能せず、ほろ苦い結果に終わってしまった。

 久保は3-4-2-1の「2」にあたるシャドーで先発。このチームでの活動には以前から加わっており、戦術を理解したうえで出場し、ボールを引き出して起点となった。ただ、周囲からの「要求」が多岐に及んでいた印象で、なかなかそれに応えきれず、久保自身も持ち味を発揮しきれなかった。

 途中からは日本代表のメインシステムである4-2-3-1に変更。三好康児(ロイヤル・アントワープFC)が加わり、2列目の「3」にレフティ3人が並ぶ魅惑のトリオが共演。実際、決定機も迎えたものの……日本がゴールを奪い切ることはできなかった。

 久保はこの試合を終えた直後にスペインへ戻っている。11月22の金曜日にはレバンテUDとのアウェーゲームを迎える。スペインリーグでは直前のビジャ・レアル戦(〇3-0)で移籍後初ゴールを決めており、2試合連続ゴールの期待がかかる。マジョルカはアウェーではなかなか思うような結果を残せていないだけに、久保の奮起がカギを握りそうだ。

 久保のコロンビア戦でのプレーぶりをフォトギャラリーにまとめた。

【PHOTO特集】新ユニ披露、久保建英がU-22日本代表で見せた一挙手一投足

[文:サカノワ編集グループ]

PHOTO GALLERY:Takefusa KUBO of Under-22 JAPAN NATIONAL TEAM

 

Ads

Ads