J2最終決戦、闘莉王が大流血。ドクターは「×」、本人は「待って」

京都の闘莉王。(C)SAKANOWA

柏対京都。”ファイティングポーズ”を取り続けたが、ハーフタイムでエスクデロと交代に。

[J2 42節] 柏 – 京都/2019年11月24日/三協フロンテア柏スタジアム

 J2リーグ最終節の柏レイソル対京都サンガF.C.の一戦、前節のFC町田セルビア戦(〇3-0)でJ1昇格とJ2優勝を決定させた柏がホームに凱旋し前半だけで4-1と大きくリードを広げている。一方、J1昇格プレーオフ進出に向けて、この試合で最低でも勝点1、他チームの結果によっては勝利が必要な京都は絶体絶命のピンチに追い込まれている。

 そんな京都にさらなる試練が訪れる。前半終了間際の柏のコーナーキックの場面だった。

 京都ゴール前でオルンガと競り合った田中マルクス闘莉王が、後方にジャンプした味方の安藤淳と激突する。すると安藤の後頭部が闘莉王の顔面(鼻)に当たってしまう。

 闘莉王はその場に倒れると、鼻から大量の出血を起こす。すぐにチームドクターが駆け寄って治療を行う。おそらく骨折の疑いがあるのだろう。ドクターはベンチに「×」サインを送る。ベンチでは、すぐに交代選手が準備を進め、交代カードも用意される。しかし、闘莉王は「待ってくれ」と合図を出す。

 アディショナルタイムの間、流血の続く闘莉王はベンチで応急処置を受ける。熱き闘将、京都の背番号4は「いける」と”ファイティングポーズ”を取り続けた。

 しかし……後半開始、闘莉王と代わってエスクデロ競飛王が投入された。京都は開始14分に本多勇喜から冨田康平への交代を余儀なくされており、アクシデントにより2枚のカードを使うことになった。おそらく、その責任もあって、闘莉王はプレーを続行すると伝えていたのだろう。

 闘莉王は最近4試合連続で先発出場し、最近のリーグ2連勝に貢献していた。今季はJ2リーグ30試合・0ゴールを記録している。本人は今季限りで一線を退くことを仄めかしてきたが……チームの顔でもあるだけに、クラブと本人がどのような「答え」を出すのかが注目される。

 そして後半、より攻撃的にした京都だがバランスを完全に崩してしまう。終わってみれば、柏が歴史的な13ゴールを奪ってみせた。

関連記事:サッカー版二刀流!DFW闘莉王で京都快勝「クローザーみたいでしょ」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads