横浜FM優勝へ仲川、エリキ弾!西村主審が負傷交代…FC東京は浦和に追いつく

横浜FMの仲川輝人。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

マリノスが勝ち、FC東京が敗れると優勝決定。

[J1 33節] 川崎フロンターレ – 横浜F・マリノス/2019年11月30日/等々力陸上競技場

 前節首位に立った横浜F・マリノスが33節、アウェーで川崎フロンターレから仲川輝人、エリキのゴールで2-0とリードを広げて、試合終盤に突入している。一方、2位のFC東京はデェイゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップが負傷交代を余儀なくされ、さらに山中亮輔とマルティノスの”元横浜F・マリノス”コンビによる豪快なゴールで浦和に先制点を許した。しかし、69分に田川亨介のゴールで追いついている。

 このまま横浜FMが勝ち、FC東京が敗れると、2004年以来の優勝が決定する。横浜FM勝利、FC東京ドローだと、最終節にもつれこむ。ただし横浜FMが得失点差で極めて優位な状況となる。

 立ち上がりからピッチを広く使って攻める横浜FMは、比較的自陣を固めて対応してきた川崎を徐々に押し込む。8分、マテウスが左サイドを豪快に突破し、守田英正を置き去ってクロスを放つ。そこに飛び込んだ仲川が体で押し込み、先制する。

 さらに49分、右サイドバックの松原健がギャップを突き、完璧なスルーパスを放って、それをエリキが合わせて2点目。69分、仲川のクロスを再びエリキが押し込み、アウェーチームがリードを3点に広げた。

 その後、レアンドロ・ダミアンがジャンプヘッドで合わせて1点を返している。

 また、この試合、西村雄一主審が試合を裁いていた。しかし負傷により退き、後半から清水勇人主審が代わって笛を吹いている。

 一方、FC東京は田川亨介が意地のゴールで、浦和に追いついている。

関連記事:波乱Jリーグ!6連敗中の湘南がFC東京とドロー、横浜FMが首位浮上!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads