横浜F・マリノス、東京五輪イヤー始動日は「1月11日」に決定

トピックス・ニュース, Jリーグ

横浜F・マリノス

サカノワスタッフ

川崎戦で勝利を収めて、喜ぶ横浜FMの選手たち。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

アジアチャンピオンズリーグは2月10日から12日に初陣。

 横浜F・マリノスは12月9日、2020シーズンの始動日が「1月11日」に決定したと発表した。

 同日は9時30分から室内ミーティングを実施し、10時から日産フィールド小机(横浜市港北区小机町3300)でトレーニングを実施する予定だ。なお、2020シーズンの新体制発表会、春季キャンプなどの日程は、決定次第発表される。

 来年は東京オリンピック開催期間はJリーグが中断となる。そのため、前倒しで多くの試合が開催される。

 また、横浜FMが参戦するアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージは2月10日から12日に第1戦を迎える(翌週には2節も予定)。リーグ王者と天皇杯覇者が争うゼロックス・スーパーカップは「2月上旬」に埼玉スタジアムで開催される。

 リーグ2連覇に向けて、東京五輪イヤーは「1」並びの始動――横浜FMの2020年も楽しみだ。

関連記事:【Jの輪】引退決断の栗原勇蔵「家族より長い時間一緒にいたかもしれない」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads