【日本代表】森保監督「練習する時間なかった」、武蔵&弦太のW初ゴールで中国撃破

日本代表の森保一監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

3-4-2-1で一つ結果を残す。

[E-1選手権] 日本 2-1 中国/2019年12月10日19:30/九徳総合運動場(韓国)

 東アジアE-1選手権の日本代表対中国代表戦は、日本が鈴木武蔵、三浦弦太、それぞれの国際Aマッチ初ゴールで、1点を返されたものの2-1で勝利を収めた。次は香港戦。

 いずれもBチーム同士と言える顔触れの対戦。3-4-2-1を採用した日本は29分、上田綺世、森島司、そして鈴木武蔵と前線3人が絡むアタックから、森島のクロスに鈴木が左足で合わせ先制に成功。さらに試合終盤に突入した70分にも、井手口陽介のコーナーキックに三浦弦太が合わせてリードを広げた

 日本は試合終盤に1失点を喫したものの、2-1で勝利を収めた。

 なお、J1リーグの最優秀選手賞(MVP)、得点王、ベストイレブンに輝いた横浜F・マリノスのFW仲川輝人はベンチ入りしたものの、出場機会を得られなかった。

 森保一監督は試合後のフラッシュインタビューで、次のように語った。

「選手たちが練習する時間がほとんどなく、Jリーグが終わってすぐタフな戦いになったなか、よくチームとして頑張ってくれたと思います。チームとして一戦、一戦、勝つために戦い、成長していきたいと思います。応援してくださる方々に勝利を届けられるように、最善の準備をしたいと思います」

 日本代表のメンバーは次の通り。

▼先発
GK
1 中村航輔(柏レイソル)
DF
19 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
5 三浦弦太(ガンバ大阪)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
MF
18 橋本拳人(FC東京)
9 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
(72分→11 田川亨介/FC東京)
8 井手口陽介(ガンバ大阪)
14 森島 司(サンフレッチェ広島)
7 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
22 橋岡大樹(浦和レッズ)
(84分→16 相馬勇紀/鹿島アントラーズ)
FW
13 上田綺世(鹿島アントラーズ)

▼控え
GK
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF
15 渡辺 剛(FC東京)
2 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
21 古賀太陽(柏レイソル)
MF
10 仲川輝人(横浜F・マリノス)
6 大島僚太(川崎フロンターレ)
3 田中駿汰(大阪体育大学)
17 田中 碧(川崎フロンターレ)
FW
20 小川航基(水戸ホーリーホック)
※室屋成は負傷により辞退

◆大会日程◆
12月10日(火)
中国 vs 日本
12月14日(土)
日本 vs 香港
12月18日(水)
韓国 vs 日本

関連記事:【日本代表】現時点の最強3-4-2-1を見たい!CFは仲川がベスト?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads