SC相模原が「複合型スタジアム」建設へサッカーファンに署名を呼びかけ

トピックス・ニュース, Jリーグ

SC相模原

サカノワスタッフ

新スタジアムのイメージ。(S)SC相模原

相模原駅北口の「相模総合補給廠一部返還地」の活用へ要望。特設サイトから署名可能。

 SC相模原は、相模原駅北口「相模総合補給廠一部返還地」を活用した「多機能複合型スタジアム」の建設整備に向けて、官民連携による実現を呼びかける署名運動を展開している。署名にあたり年齢・居住地は問わず、相模原市に提出される。

 相模原市はラクビー、アメリカンフットボール、男女サッカーの4つのフットボールチームを「ホームタウンチーム」として支援している。4チームはすべて日本のトップレベルリーグに所属しており、全国的にもこのような都市は神戸市以外にない。

 しかしながら、現在市内には陸上競技場である「相模原ギオンスタジアム」が唯一のスタジアムであり、多くの競技団体が共有で使用しているため、本来市内で開催する試合を市外・県外で行ってきた。市内でより多くの試合を開催することで、市民が一堂に集まる機会をつくり、地元チームを応援し一体となること。郷土への愛着や誇りを育み、みんなで夢と感動を共有したい。また、スポーツにとどまらず、コンサートなどのイベント開催、ショッピングや飲食、宿泊などさまざまな機能をもったスタジアム(多機能複合型スタジアム)であることで、試合が開催されない日も賑わいがある市の中心拠点となり、地域活性を促進する相模原のシンボルにしたい。

 そして、このスタジアムは災害時には避難場所・防災拠点としての役割も果たせる。立地については、市民の利便性はもとより、遠方からの集客によって地域経済への波及効果が期待できるアクセスの良さ、2027年に開業予定のリニア駅に近いことが重要。

 以上のことからJR相模原駅北口「相模総合補給廠一部返還地」を活用した多機能複合型スタジアムの整備が、官民の連携により実現するよう要望するための署名運動を実施することになった。

 SC相模原署名運動事務局では「どうか趣旨にご賛同いただき、署名運動へのご協力をよろしくお願いいたします」と呼び掛けている。

▷特設サイト:オンライン特設フォーム

▼多機能複合型スタジアムとは?

 商業、公共、医療などの複数の機能を併せ持つスタジアムのことです。試合開催日にスポーツ興行を行うだけではなく、常に市内外の人々が集い、賑わう街の中心拠点としての役割を担います。

▼署名に関して

・署名にあたり、年齢・居住地は問いません。
・ご記入いただいた署名は取りまとめて、相模原市へ提出します。
・ご記入いただいた個人情報は、目的以外の用途に一切使用いたしません。

▼団体について

署名呼びかけ団体 相模原市ホームタウンチーム(ノジマ相模原ライズ/三菱重工相模原ダイナボアーズ/SC相模原/ノジマステラ神奈川相模原) 協力団体:相模原商工会議所、公益社団法人相模原青年会議所、一般社団法人相模原市商店連合会、一般社団法人相模原市観光協会、公益財団法人相模原市体育協会、公益財団法人相模原市民文化財団、公益社団法人相模原市防災協会

▼お問い合わせ

SC相模原署名運動事務局
〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原5-1-19
電話 042-810-7777
FAX 042-810-7788

関連記事:【インタビュー】望月重良(SC相模原代表)「クラブ誕生10年、情熱の旅路 #1」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads